redoブログ

現役スピーカー設計者によるお役立ち情報発信ブログ

【PV数・収益公開】はてなブログ初心者が100記事書くといくら稼げるの?|収益化手順・アクセスの伸ばし方も詳しく解説

ブログ 100記事

「無料版はてなブログでも収益化はできるのか」といった疑問や今までブログをやってきたけど収益化が難しいという悩みを持っている方へ向けて、実際に「ブログ副業」している私が昨年「無料版はてなブログ」で100記事書いた際のアクセス数(PV数)と収益について紹介します。

 

結論を先にいうと「無料版はてなブログでも収益化は可能」です。ただし、ブログのジャンル選定やライティングスキル、キーワード選定などある程度のノウハウは必要です。

 

無料版であれば仮に失敗しても一切リスクがありませんし、実際に私が無料版で収益化を成功させています。

 

お金を増やす方法として投資などもありますが、リスク管理が必須になります。一方で、ブログ副業はいっさいその必要はありませんので、ノーリスクハイリターンも期待できるという魅力があります。

 

現在、ブログを書いている方やこれからブログを始めようと考えている方に向けて、私のブログ100記事時点でのアクセス数(PV数)の情報から、どれだけ稼げるかのイメージが想像できると思います。

 

さらにアクセスを伸ばすためのキーワード検索方法も詳しく解説していきます。

 

近年、ブログは「時間と場所の自由度が高い」という点や「初期費用がかからない」ということからもコロナ禍と相まってとても人気があります。

 

実際、会社に行かなくても、自宅や喫茶店など好きな場所で稼げるのはとても魅力的ですよね。

 

また、株式投資と違って株価暴落による元本割れなどもないので、失敗のリスクを全く心配せずに安心して始められます。一度ペースを掴んで収益化すれば着実に資産を増やすことが可能なので、ブログ副業はおすすめです。

 

特にこれから「副業」として「はてなブログ」で収益化を考えている人に参考にしていただけると幸いです。

続きを読む

【Google AdSense(アドセンス)】「無料版はてなブログ」でも合格可能|最短で審査を通すための方法を徹底解説

f:id:redo5151:20191109110037p:plain

(@redo5151)Google Adsense(アドセンス)」審査に合格するまでに実際に行った対策方法を徹底解説します。

 

私は独自ドメインではなく「無料版はてなブログで合格しました。

 

Googleアドセンス審査に合格するまでにかかった期間ですが、はてなブログを開設してから約1ヵ月半近くかかっています。

 

申請回数もブログ開設して2週間ぐらいから挑戦し、最低でも7回は落ちました。

 

1~2回で審査が簡単にさらっと通ってしまった方よりは苦労しています。その分、参考になる情報は多いと思います。

 

私も何度も諦めかけましたが、やはり難しいと言われることほど挑戦のしがいがありますよね。登山とも繋がるんじゃないかと前向きにとらえるとモチベーションの維持にも繋がります。

 

過去の私のように現在、Googleアドセンスの審査が通らず頭を抱えている方やこれから収益化を目指して新たにブログを始めようと思っている方へ向けて、お力になれるかと思います。

 

本記事から実際に多くの合格コメントやブックマークをもらっております。ブログ副業は株式投資とも違って暴落の心配もないので、リスクが少なく、収益源を増やす一つの手段としておすすめです。

 

はてなブログ」で収益化を目指す方に向けて、「Google Adsense(Googleアドセンス)」審査を合格するために私が取り組んだ方法を具体的に解説していきます。

続きを読む

オンラインライブをテレビで見る方法|スマホ(Android・iphone)の「ミラーリング」で配信ライブ・インスタライブ視聴も可能!

テレビ ミラーリング 方法

せっかくのオンラインライブやYoutube、インスタライブなどスマホの小さい画面でみてもちっとも臨場感が味わえず、なんか良い方法無いかなと悩んでるって方も多いのではないでしょうか。

 

今でこそ日常が戻ってきましたが、コロナ禍などいろいろな事情でライブにあまり行けない方にとっては家でぐらい贅沢にライブ楽しませてよ!!って思いますよね。私もそんな一人でした。

 

そんなお悩みの方へ向けて、今回はスマホ(Androidiphone)、そしてパソコンの画面をテレビに「ミラーリング(表示)」する方法を写真付きで詳しく紹介しています。

 

これによって、「インスタライブ」や「配信ライブ」、「17ライブ」などさまざまなオンラインライブを大画面で思う存分楽しむことが可能になります!!しかも予算はたったの数千円です。

 

「FireTVstick」や「Chromecast」などのちょっとした道具を使って、テレビ画面でオンラインライブなどが気軽に見れることがわかり、困っている皆さんと共有したくなったので、備忘録もかねてまとめてみました。

 

テレビにスマホ画面をミラーリングできれば、大好きなバンドの「オンラインライブ」が見れることはもちろんのこと、今流行りの「YoutubeAmazonプライムなどのネット配信の動画」もたった数千円の投資で臨場感溢れる大画面でみることができ、大満足できること間違いなしです!

 

もちろん映像だけでなく、音声もテレビの付属スピーカーから出力が可能です。

 

特に、有料配信ライブをスマホ画面で見るのは大変もったいないです。せっかくなら最高な環境で大画面で楽しみたいものですよね。

 

これからなにを揃えればいいのか困っている方、そして商品は手元にあるけど接続方法に困っている方へも写真付きで丁寧に説明しているので、じっくり読んで頂ければ幸いです。それではさっそく解説していきます。

続きを読む

【YOASOBI(ヨアソビ)】絶対に聴くべき人気おすすめ曲ランキングTOP11|小説一覧・ライブ情報

YOASOBI 人気曲 ランキング

2023年4月にリリースされたアニメ推しの子の主題歌である「アイドル」が世界中で爆発的なヒットとなっています。

 

2020年に続いて、2021年も紅白出場、日本レコード大賞では特別賞を受賞するなど人気に拍車がかかっており、ファンである私も嬉しいばかりです。

 

日本のみでの「YOASOBI」ブームがついにアメリカのヒットチャート名を連ねるようになりグローバル規模となりました!

 

ファンの一人でもある私も嬉しくてたまりません。その分記事のボリュームのかなり長いので、ぜひブックマークして頂き、何度も読んでいただけると幸いです。

 

そんな人気アーティストのYOASOBIは2019年12月15日に「夜に駆ける」でデビューし、SNSTiktokを起源として、10代、20代を中心に大きな支持を集めている今大注目のアーティストの一人です。

 

2020年6月のmoraデイリーランキングでは総合ランキングとハイレゾランキングのTOP3を独占」しており、「1アーティストによる総合・ハイレゾランキングTOP3」の独占はmora史上初となります。

 

も娘の育児で子供をあやすときにYOASOBIの曲を流すのですが、不思議なことに曲を流しながらあやすとすぐに寝てくれます。

 

全員に効果があるのかは分かりませんが、子育て世代の方にもぜひおすすめしたいあやし法です。今のところ反町隆史さんの「ポイズン」より効果があります。

  

今回はそんなYOASOBI(ヨアソビ)の人気の理由やおすすめ曲を紹介したいと思います。

耳が心地良いYOASOBIの音楽で、YOASOBI沼へ引きずりこみます!

 

YOASOBI ラジオ

YOASOBIがDJを務めるラジオ番組「YOASOBI'S OTSUMAMI Radio」が、12月5日にApple Musicで配信スタート!Apple Musicに無料体験登録してApple Music内で”YOASOBI'S OTSUMAMI RADIO”で検索すると聞けます。

 

Apple Music

\Apple Musicに無料体験してYOASOBIのラジオ配信を聞く/

「YOASOBI'S OTSUMAMI Radio」は計4つのエピソードからなる60分番組。 YOASOBIを構成するもの、サウンドメイク、歌、未来のことなど2人がさまざまなトークを繰り広げる。

 

Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、Podcastですべてのエピソードをいつでも楽しむことができます!

 

 

続きを読む

ライブや睡眠時に大音量や騒音から耳を守るオシャレなイヤプラグloop(ループ)とは

loop

今回は静音におすすめなloopというベルギー発の耳栓用イヤプラグを入手したので、レビューします。このイヤプラグは今まで煩わしいのが普通だったノイズを取り除いてくれる画期的な商品です。AmazonでもLoop Experience Plusという音楽ライブに適した耳栓は1万件のレビューがついており星も4.3と高評価です。

 

寝るときに外の電車の音や車の音などが気になってよく眠れないことや音楽ライブに行った際に音量が大きすぎて耳が疲れる経験をしたことはないでしょうか。

 

外出時に集中したい時や騒音を低減したい時に耳栓するのはダサいな〜なんて思って、実際に付けたくても付けられない人もいるのではないでしょうか。

 

私もたまにライブへ行くのですが、前列で聞くときは音量が大きすぎるが故に純粋にそのライブが楽しめなかったことも正直ありました。

 

さらに、よくあるウレタン製の耳栓だとほぼ完全遮音になってしまい一切音が聞こえなくなってしまったり、逆にちゃんとウレタンが潰れなくて耳にフィットせず耳栓として機能しなかったりとバラツキが多い経験をされている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな遮音の悩みをまるっと解決してくれるのがこのloopのイヤプラグになります!

 

loopは音質を極力損なわず、かつカナル型のイヤピースをはめるので遮音のバラツキも少なく安定的に音のボリュームを適度に下げてくれます。

 

私が今回入手したloop experienceでは適度に音を下げて届けてくれるので、圧迫感も少なくとても心地がいいです。デザイン性もよく一見耳栓には全然見えず、イヤリングのようなファッションの一部にも見えます。

 

今回、私が実際に使ってみて大変良かったお洒落なloopのイヤプラグをご紹介したいと思います。

続きを読む

【HIFIMAN Svanar Wireless レビュー】30万円相当のヒマラヤDAC、トポロジーダイヤフラムを搭載したワイヤレスイヤホン

Svanar Wireless HIFIMAN

HIFIMANから待望の新作ワイヤレスイヤホン「Svanar Wireless」がついに発売となったので、早速実機レビューを紹介します。

 

今回ご紹介する「Svanar Wireless」はまずケースだけ見てもお分かりのようにオーディオマニアにはたまらないデザインや機能など細部にこだわった技術力の高さを感じさせてくれるHIFIMANの混信の自信作だと断言できます!

 

「総額300,000円のSvanarとEF400の組み合わせに匹敵するもので、高音質音源の再生を約95%の音質で達成できる」とアピールされているだけあり、音質面はもちろんのことケースだけ見てもここままでデザインにこだわるの!?とびっくりさせられっぱなしです。

 

昨今ではワイヤレスイヤホンは防水性や電池の持ち、ノイキャンなど安くて高機能!みたいなイヤホンが溢れかえっています。

 

これまでにたくさんのイヤホンをレビューしてきましたが、正直なところコスパ重視の没個性的なイヤホンも散見され面白味が無いとも感じていたこの頃だったので「Svanar Wireless」久々のインパクト商品です!

 

Svanar Wirelessは以下の有線ハイエンドイヤホン「Svanar」をもとに開発されたワイヤレスイヤホンです。こちらも定価20万円を超える高級イヤホンになります。

 

svanar

Svanar(Svanar Wirelessのベースモデル)

 

このワイヤレスイヤホンは、ヘッドホンアンプ「EF400」で使用されているヒマラヤDACと、Svanarのトポロジードライバーを上手く融合させることで、よりパワフルで高解像度な高音質再生を実現しています。

 

再生帯域も10Hz-35KHzまでとかなり対応している帯域も広くほぼハイレゾ同等性能です。

 

音色の心臓部分を司る振動板にはトポロジーダイヤフラムを用いているのですが、表面には特殊なメッキ処理を施しています。さらにそのコーチィングは特別な幾何学模様となっており、様々な音色に応じてこの絶妙な調整により周波数応答をうまくコントロールしています。

 

-35dBの優れたANC機能も搭載しており、音質&機能に全振りのワイヤレスイヤホンとなります。

 

今回はこのHIFIMAN JAPANの自信作となる通常のワイヤレスイヤホンでは味わえない一味違う「Svanar」の実機レビューをしていきたいと思います。

 

続きを読む