redoブログ

redoブログ

現役スピーカー設計者によるお役立ち情報発信ブログ

【KingGnu(キングヌー)】絶対に行きたいライブツアー「CEREMONY」が再始動|人気チケット入手方法を紹介

 

コロナの影響で中止されていた”CEREMONYツアー”が公演場所を変えてついに再開催されることになりました。

 

今回は再開されることになった「CEREONYツアー」情報・チケット入手情報・その他の過去のKingGnu出演情報などをまとめています。

 

今年のKingGnuのライブツアー「CEREMONY」は全12公演を予定していましたが、コロナウィルスの影響により全公演が中止となっていました。

 

KingGnu(キングヌー)のライブは人気に対して会場の規模が追いついておらず他のアーティストに比べて、「チケット入手が困難」とも言われているようです。

 

今回再開されることになったツアーも日本武道館なども収容人数がそこまで多くないので、倍率は高くなること間違いなしです。

 

チケット入手は最終的には”運”次第ですが、何度もチャンスがあることが多いので定期的に情報チェックしておきましょう。

 

 

KingGnu(キングヌー)を知らない方

KingGnu-傘

 

東京藝術大学出身のクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、KingGnuとして常田大希(Gt.Vo)勢喜遊(Drs.)新井和輝(Ba.)井口理(Vo.Key.)で活動中。

 

さらに、メジャーデビュー1年にして、紅白出場まで果たした今なお急成長中の邦楽ロックバンドです。

 

紅白でも披露された代表曲の「白日」はたった一曲でYoutubeで”1億4000万回”もの再生回数を達成しています。

 

常田さんの歌声の特徴はワイルドで力強い声であり、一方、井口さんの声は力強さに優しさが加わり、色気のある独特な声です。

 

この2人の声が融合して「独特なKingGnuの世界観」が表現されています。さらに抑揚のある歌声が素晴らしいです。

 

KingGnuの2人をラーメンで例えるならば、「濃厚なとんこつスープ」と「分厚くもジューシーなチャーシュー」の融合です。お互いの良さを引き出しあっています。

redo5151.hatenablog.com

KingGnu(キングヌー)ツアー2020「CEREMONY」 情報

King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”ライブ日程(再開)

KingGnu CEREMONYツアー

幻に終わりかけていた、「KingGnuのCEREMONYツアー」が再開されることになりました。

 

King Gnu初のアリーナ公演となるはずだった「King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”」を幻で終わらせたくない、長引くコロナ禍の中でライブに関わるスタッフの生活を守っていかなければならない、そして何よりKing Gnuのライブを楽しみに待っていただいているファンの方々に、少しでも早くライブを届けたいとの思いから、このたび新規公演として、東京・大阪・愛知の4会場にて「King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”」の開催を決定させていただきました。

引用:KingGnu公式HP

 

待ちわびていたファンも多いのでは無いでしょうか。嬉しいばかりですね。公式HPでのツアー再開に至るメッセージには強い思いがあったと感じさせてくれます。

CEREMONYツアー

KingGnuのライブ日程 

King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”」(再開)

11/7(土) 東京ガーデンシアター
11/8(日) 東京ガーデンシアター
11/18(水) 大阪城ホール
11/19(木) 大阪城ホール
11/24(火) 日本武道館
11/25(水) 日本武道館​​
12/1(火) 日本ガイシホール
12/2(水) 日本ガイシホール

ライブチケット料金:8,200円

今回のツアーではオンラインでの配信LIVEも予定されています。仮にチケットが当たらなくても、ライブを見るチャンスはあります。

 

スマホやパソコン画面をテレビ画面へミラーリングする方法を解説しています。

redo5151.hatenablog.com

 

 

KingGnu(キングヌー)ライブツアー2020「CEREMONY」チケット入手方法

①ローチケでオフィシャルチケット先行

f:id:redo5151:20200203214216p:plain

チケットスケジュール 

◆オフィシャル先行
受付期間:10/22(木)18:00〜10/25(日)23:59
※電子チケットのみ(スマートフォン限定)

今回、再開されることになった「CEREMONYツアー」も同様に「10/22(木)18:00 ~ 10/25(日)23:59」の期間で受付です。

 

CEREMONY先行

 

ローチケ-チケット情報・購入・予約は ローチケ[ローソンチケット]

 

 

②一般先着申し込み(未定)

ローチケでの購入は難易度は高めです。5分前からをローチケサイトにアクセスし、開始と同時にアクセスできるよう工夫してみると運がよければ繋がる可能性はあります。

 

King Gnu Live Tour 2020 “CEREMONY”|ローチケ[ローソンチケット] コンサートチケット情報・販売・予約

 

③電子チケットリセールを狙う!

チケットスケジュール 

◆チケットリセール受付①
リセール期間:10/31(土)12:00~11/1(日)23:59
対象公演:
11/7(土)・11/8(日) 東京ガーデンシアター


◆チケットリセール受付②
リセール期間:10/31(土)12:00~11/4(水)23:59
対象公演:
11/18(水)・11/19(木) 大阪城ホール
11/24(火)・11/25(水) 日本武道館
12/1(火)・12/2(水) 日本ガイシホール

対象先行:全先行購入者(電子チケット)
リセール受付期間:各公演によって異なります。


※電子チケットのみ(スマートフォン限定)
スマートフォンをお持ちでない方は、本リセールはお申込みできません
※リセールについては、購入者、出品者ともに必ずしも売買が希望通り成立するものではありません。
※リセールチケット購入にはクレジットカードが必要です

 

2月のCEREMONYツアーではリセールも15日よりローチケで開始されました。一般先着よりも可能性の高い入手方法です。米津玄師さんの人気チケットのリセールを当日取れた方もいるぐらいなので、チャンスはあります。

 

電子チケット公式リセールサービスとは、 「イベントに行けなくなった人」と「イベントに行きたい人」を公式にマッチングする機能になります。こちらは、高額転売目的の人の対策方法として、導入されました。

 

実際に、2019年のKing Gnu Live Tour 2019 AWでもライブ直前にリセールサービスの発表がありました。前回の公演時には1公演だけ申し込みが可能で、普通の一般抽選と変わらないシステムだったようです。今回も同様のシステムになっています。 

 

 

 

King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY” チケット販売スケジュール決定!「CLUB GNU」会員限定最速チケット先行スタート! | KING GNU

④追加公演のチャンスはまだある!

昨年のBUMP OF CHICKENのAurora arkツアーも東京ドームでの追加ライブがありました。発表時期もツアー中でした。このようにKingGnuも状況によっては追加公演のチャンスはありますので、定期的に情報をチェックしましょう。

 

KingGnuのチケット入手方法まとめ 
・一般予約申し込み(ローチケ)
・一般先着申し込み
・電子チケットリセール(公演の2週間前)
・追加公演

KingGnuのCEREMONYツアーのネット配信が決定!(終了)

 

CEREMONYツアーはコロナの影響で中止になってしまいましたが、ついに8月30日にネット配信ライブが決定しました。一般販売もあるので、申し込めば誰でも視聴可能です。

「CEREMONY」ネット配信ライブ 

料金:3,500円

日時:8月30日 20:00~(終了)

幻に終わった過去のKingGnuライブ日程一覧(中止)

今年のKingGnuのライブツアー「CEREMONY」は全12公演を予定していましたが、コロナウィルスの影響により中止となりました。参考までに過去のライブ公演情報も残しておきました。こちらは備忘録として残しています。

 

KingGnuライブツアー日程(中止) 会場
2月29日(土) マリンメッセ福岡(福岡)
3月 5日(木) 大阪城ホール(大阪)
3月17日(火) 国立代々木競技場第一体育館(東京)
3月18日(水) 国立代々木競技場第一体育館(東京)
4月 4日(土) 仙台GIGS(宮城)
4月 5日(日) 仙台GIGS(宮城)
4月10日(金) KT Zepp Yokohama(神奈川)
4月11日(土) KT Zepp Yokohama(神奈川)
4月16日(木) Zepp Sapporo(北海道)
4月17日(金) Zepp Sapporo(北海道)
4月20日(月) Zepp Nagoya(愛知)
4月21日(火) Zepp Nagoya(愛知)

 

King Gnu|HOT STUFF PROMOTION

 
三文小説/千両役者の新曲リリース決定

三文小説

「三文小説 / 千両役者」が12月2日(水)に発売決定しました。冠スイギュウ「三文小説」は10月30日(金)から先行配信スタートします。

 

また、初回生産限定盤のBlu-rayには昨年日比谷野外大音楽堂で行われたライブが90分に渡り収録されます。WOWOWM-ONなどで放送されたライブと同じライブになります。

 

KingGnuの三文小説が主題歌となっている「35歳の少女」も”毎週土曜夜10時”に絶賛放送中です。

 

 

 

 

KingGnuが「Love music」に登場!

f:id:redo5151:20200203215030p:plain

 

2月9日(日)の24時30分から放送されるフジテレビの番組「Love music」でKingGnuの特集が放送されました。

 

この番組では、「The hole」「傘」「Teenager Forever」の三曲が披露されています!「傘」「The hole」の2曲はテレビ初披露となります。

 

メンバーとっての大切な楽曲の紹介や、思入れのある渾身の一曲についても語っていました。

 

中でも印象的だったのがCEREMONYのアルバムの1曲である「壇上」という曲です。この曲は常田さんが「KingGnuの解散をイメージ」して作った曲とのことです。

 

KingGnuの解散に関しては常田さんはこのように答えています。

 

うん。終わりがないと美しくないので。「どうやって終わらせるか?」も、バンドの美学じゃないですか。極限までデカくして終わらせたいなって思います。最後にどんなディストピアが広がっているのか、楽しみです。

まぁ、この話は冗談半分っていうことで、聞き流してください(笑)。

 引用:CINRA.NET

 

井口さんも元々は上手くいかない恋愛を語った曲かなと思っていたところ曲のこのような背景を知って「泣けた」とも語っていました。

 

CEREMONY=開会式なのにすでに終わりを意識しているというのはなんだかエモいですね。でも、まだまだファンとしては長く続けてほしいですよね。

 

ぜひヌー民の方々はチェックしてみましょう。

redo5151.hatenablog.com

NHK総合の音楽番組「シブヤノオト」でKingGnu LIVE SPECIAL特番!

シブヤノオト

NHK総合で2月16日に『シブヤノオト Presents King Gnu LIVE SPECIAL』の特番が放送されました。

 

KingGnuのライブスペシャルでは普段メディアでも披露していない曲も含んだ特別なセットリストになっています。さらにメンバー同士のトーク映像も放送されました。 

シブヤノオトセットリスト 
・SE(開会式)
飛行艇
・傘
・白日
・Slumberland
・Teenager Forever
・The hole (4Kのみ放送)
・Prayer X (4Kのみ放送)

 

LINE「VISION」のドラマ「ゆれるせいかつ」に井口理出演!

LINE NEWSが提供する動画プロジェクト「VISION」にて、布村喜和と籾木芳仁が手がけているドラマ「ゆれるせいかつ」が、1月21日にスタートしました。(※現在は終了)

 

1話目にはゲストとしてKing Gnuの井口理が出演しています。私も見ましたが、なかなかシュール感がありつつ、少しオラオラ井口さんのキャラから2話目では一転して、繊細な表情を見せる井口さんが必見です。

 

 

「ゆれるせいかつ」はスマホのみ視聴可能です。

#2 King Gnu 井口理、号泣

 

井口理のANN0はとても面白い(※現在は終了)

 

 

井口さんの「ANN0」はニッポン放送毎週木曜日27時~28時30分 (金曜日3時~4時30分)に放送されています。

 

このラジオでは「アーモンド」協会の話や高校時代に愛用していた通称「下痢クソギター」さらには「BUMP」や「B'zの稲葉さん」の話など様々な話題に触れたラジオ番組です。菅田将暉さんの「まちがいさがし」の曲を途中でハモってみたりと面白いですよ。

 

BUMPで例えるなら「一人ポンツカ」のような感じですね。

 

下痢クソギター


 

「CEREMONY」が2週連続で首位キープの快挙!

CEREMONY

2020年2月3日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、King Gnuの「CEREMONY」が2週連続で総合首位を獲得しました。「CEREMONY」は前作『Sympa』から約1年ぶりのリリースアルバム。

 

redo5151.hatenablog.com

 

DOWNLOAD ALBUMランキング

1位「CEREMONY」King Gnu(7,576ダウンロード)
2位「ナチュラルストーリー」Natural Lag(3,655ダウンロード)
3位「Traveler」Official髭男dism(2,549ダウンロード)
4位「MISIA SOUL JAZZ BEST 2020」MISIA(1,882ダウンロード)
5位「何なんw EP」藤井風(1,614ダウンロード)
6位「金字塔」Reol(1,579ダウンロード)
7位「0」Superfly(1,125ダウンロード)
8位「ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?」ビリー・アイリッシュ(1,052ダウンロード)
9位「東京ディズニーランド ベリー・ベリー・ミニー!」(ディズニー)(807ダウンロード)
10位「Sympa」King Gnu(727ダウンロード)

まとめ

KingGnuのライブはまた普段イヤホンやコンポで聴いてるのとは全然違います。ライブならではのパフォーマンスや曲のつなぎ方、息づかいなどなど見所満載です。

 

やっぱり、KingGnuファンなら一度はライブに足を運んで聴いてみたいですよね。

 

年末から年始にかけてもKingGnuはメディア出演も多数あり、大忙しです。常田さんがニューアルバム「CEREMONY」の制作時の心境を語っていたとおり、メディア向けの楽曲提供も多く、曲作りには大変苦労したとも仰っていました。

 

中でも「壇上」という曲はタイアップ曲としてではなく自分の本当にやりたい音楽を作れたといっていた通り「閉会式」前のラストボーカルソングとして異質な雰囲気をかもし出しており、哀愁感溢れた素晴らしい楽曲に仕上がっています。

 

中止されていたライブツアー「CEREMONY」がついに再始動します。

 

今年も大躍進の年となること間違いなしのKingGnuの動向が見逃せません。

 

旬な音楽情報を定期更新してます。

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com