redoブログ

redoブログ

現役スピーカ設計者によるお役立ち情報発信ブログ

世界各国(ドイツ・韓国・シンガポール)の掲げるコロナウィルス感染拡大予防策

f:id:redo5151:20200401185709p:plain

新型コロナウイルスが日本では首都圏を中心に感染拡大が相次ぎ、重要な局面を迎えています。

 

日本では医療崩壊を起こさせないという理由でPCR検査はせずに、外出も自粛要請に留まるなど「後手後手」と言わざるを得ない状況が続いています。

 

中国や欧米の先進国では「迅速・明確・目に見える」対応を行ってきました。特に欧米では、“身内の安全”をはじめ、“危機”に関わることに対するアクションが、本当に素早いです。しかし、コロナウィルスの感染力の強さ故に留まることを知りません。

 

実際、アメリカでのコロナ犠牲者は10万~20万人に達すると予測されています。4月15日には1日で2214人が死亡するとも想定されています。

 

私自身はもう少し世界のコロナ対策を見習う必要があると考えます。そこで、今回は世界各国のコロナウィルスの対策方法を紹介したいと思います。

 

日本の新型コロナウィルス感染状況

f:id:redo5151:20200331200938p:plain

引用:Coronavirus disease 2019

 

日本は現在人口1億2,595万人に対して、コロナウィルス感染者は1866人,死者は54人にとどまっています。現状での致死率は低いものの、PCR検査が圧倒的に少なく約3万件程度です。

 

図中左下の日本の日々の感染者数のグラフを見るとわかる通り、「対数軸的に感染者は増大」しています。コロナウィルスの最大の脅威はこの「異常な感染力の強さ」にあります。今までのSARSやMERSなどとは比べ物になりません。こちらに関しては後述します。

 

単純計算で韓国の30万件と同程度の感染広がりと仮定した場合、隠れコロナ感染者は約10倍程度で見積もり2万人以上の感染者がいてもおかしくない状況だと推測されます。

 

PCR検査数が少ないことによって現状では医療崩壊は起きていないもののその弊害として、感染者の隔離を一切しないことと同じなので、隠れコロナ感染者が常に街を歩き回れる悲惨な状況です。

 

病院、居酒屋、ナイトクラブ、バー、オフィスなどの密閉空間で人が多数集まる場所でクラスターがいまだに発生し続けています。

 

・日本には隠れコロナ感染者が数万人規模でいてもおかしくない状況
・自粛要請はあるが、隠れコロナ感染者が街を自由に出歩ける悲惨な状況
・多方面でのクラスターが発生し濃厚接触者の経路も追えない

 

コロナウィルスの感染力は?

f:id:redo5151:20200331202628p:plain

新型コロナウイルスによる肺炎の感染力は、世界保健機関(WHO)の公表見解よりも強いとする報告が相次いでいる状況です。

 

調査をもとに一人の感染者から平均で何人にうつっているかを示す数値で、WHOは暫定的に1.4~2.5としたのに対し、香港や英国のチームは3以上と推定した。

 

現状の日本,アメリカ,イタリアなど世界各国の状況を見るからに「3~5以上」の感染力があると推測されます。

 

世界各国ではどのような感染対策をしているのか

韓国でのコロナウィルス感染拡大対策

f:id:redo5151:20200331195623p:plain

 

韓国は約5184万の人口に対して、現在までに約1万人の感染者(0.02%)と約160人の死者にとどまっています。先ほどの日本との感染者数のグラフの傾きと比較してもわかる通り、傾きが寝てきており、一定の効果をあげていると言えます。

 

韓国のPCR検査数は30万以上

f:id:redo5151:20200401191206p:plain

日本ではPCR検査は医療崩壊を起こすと警告を鳴らす医者が多い一方で、韓国はどの国よりもはるかに多くの人に対してPCR検査を実施してきました。そのため、多数の人を感染後すぐに隔離・治療することが可能となりました。 事実として、30万回以上の検査を実施しています。

 

外務相カン・ギョンファは下記の様にコメントを残している

検査は早期発見につながり、さらなる拡大を抑制し、またウイルス感染が判明した患者を早く治療することが可能となるため、中心的な位置づけとなるものだ。検査はわが国の非常に低い死亡率のカギでもある。

 

また、韓国は病院やクリニックがキャパオーバーにならないよう、当局は可能な限り多くの人を、可能な限り早く検査できるよう設計された検査センターを600カ所開設し、対応しました。

 

これは医療従事者の安全を確保するために接触を最小限に抑える効果も狙ったものになっています。

 

50カ所のドライブスルー検査施設では、患者は車に乗ったままで検査が受けられる。患者は質問票を渡され、遠隔体温スキャンと喉の検体採取を行う。このプロセスは10分程度かかる。検査結果は通常数時間で上がってくる仕組みになっています。

 

 

また、海外からの訪問者に対しては症状のセルフチェックを行わせるためのスマートフォンアプリのダウンロードが義務づけられています。

 

オフィスやホテル、その他の大きなビルではしばしば発熱している人を特定するためにサーモグラフィーカメラを使用しています。レストランでは来店客を受け入れる前に体温チェックを行うなどの徹底振りです。

 

アウトブレイクの制圧には国民に対し完全な情報共有を続けること、そして国民の協力をお願いすることが必要

 

と韓国の保健福祉部次官は話しています。

 

韓国では全国的な医療崩壊はまだ起こっていない

f:id:redo5151:20200401174813p:plain

日本では韓国について「誰でも彼でも検査している」「検査しすぎて医療崩壊が起きている」というデマが流れているようですが、実際には「感染が疑われる人」に対してのみ徹底的に検査しているという状況です。

 

とはいえ、大規模感染が起こった大邱で病床が足りないという事態が起こっているのは事実で、自宅待機している感染者が数千人に達し、持病を持つ高齢者らが自宅で亡くなるケースも続出しています。

 

これに関しては、政府が生活治療センターを準備し、自宅隔離を支援・義務化するための法整備やアプリ開発などの対応により鎮静化に向かっています。

 

これを裏付ける一つの証拠として、韓国では累計で8000人以上の感染陽性者が発見されているにもかかわらず、累計死者数は200人未満になっています。

 

現在、新規感染者数も激減して退院者数が新規感染者数を上回っている状況なので、韓国全土では医療崩壊が起きてはいません。

 

韓国では買い占め防止策として生まれ年を利用したマスク5部制を導入

f:id:redo5151:20200331212228p:plain

韓国ではマスクの買い占めが起こっていません。というのも、徹底した買い占め防止対策をしています。

 

・生まれ年の下1桁を月曜~金曜までの該当曜日のみ購入可能
・1週間に1人あたり2箱まで購入可能
・マスクの価格を統一
・土日は予備日
・購入時には住民登録証による本人証明が必要
・複数回購入を防ぐシステムの導入

 

日本でも導入しても良い購買システムだと感じました。マスクに限らず様々な製品に応用が可能だと感じます。

 

 韓国でのPCR検査では20代のコロナウィルス感染者の割合が最も多い

f:id:redo5151:20200330232301p:plain

 

最もPCR検査数が多い韓国での新型コロナウイルスに感染していると診断された人は7755名です。そのうちで20〜29歳の人が2239人。

 

新型コロナウイルスに感染して致死率が高いと考えられている70歳以上の高齢者は720名です。

 

韓国で新型コロナウイルスと診断された多くの人々は、20代が大きく占め,次に50代の感染者が多く占めている状況です。

 

 

世界各国ではスマホGPS機能による市民の状況監視の動き

f:id:redo5151:20200401181147p:plain

現在、更なる感染拡大を防ぐため封鎖措置を行っているヨーロッパでは、市民の状況を監視するため、通信会社がスマートフォンの位置情報を政府と共有する動きが広がっています。

 

欧州では、イギリス、ドイツ、スペイン、ベルギー、オーストリアなどで実施しています。

 

シンガポールではGPSアプリによる濃厚接触者の高精度割り出しを可能に

シンガポール

シンガポールではコロナウイルス対策として、感染者との濃厚接触者をスピーディーに見つけ出せるアプリの提供を始めました。

 

スマホBluetooth機能,GPS機能を駆使し、データから「感染者と半径2m以内で30分以上接近した人を割り出せる」ようになっています。

 

接触者探しはこれまで、感染者への聞き取り調査が中心でしたが、記憶が曖昧であったり、接触相手が不特定多数だったりするなど、感染経路解明が困難なケースも多くありました。

 

このGPSアプリを活用すると、感染者のスマホのデータから行動経路を調べ、見つけ出した接触者と連絡を取れるようになっています。


行動履歴は利用者のスマホ上に保存され、同意がなければ提供されないようにすることで、プライバシーは保護されます。

 

日本でも技術的には十分に可能なので、ぜひともいち早く導入してほしい機能です。

 

 

ドイツのコロナウィルス対策方法

f:id:redo5151:20200331221455p:plain

ドイツで新型コロナウイルス感染者の致死率が低い理由について、現地の専門家は

大量の検査で感染者を早期に発見しているため

との見方を示しました。

 

ドイツでは4万人以上の感染者に対し、死者は267人となっています。致死率は0.6%程度で、イタリアの10%、スペインの7%などに比べて低くなっています。

 

理由について、ドイツの専門家は

週50万件の検査による感染者の早期発見がある

との指摘をしました。WHO(世界保健機関)も、パンデミック(大流行)の抑え込みには都市封鎖などに加えて徹底した感染者の発見が必要だとしています。

 

フランスではこれまで重症者や濃厚接触者らの検査に重点を置いてきましたが、範囲を広げて来週には一日最大3万件の検査ができるよう準備を進めています。

 

 

コロナ感染者の判定にCT検査も有効か?

f:id:redo5151:20200331221843p:plain

日本でもクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号における感染者の多くを受け入れた自衛隊中央病院によって以下のようなことがわかっています。

 

PCR検査陽性者の8割は無症状であるか、症状は軽度であった。
・無症状あるい軽症の陽性者の約半数にCT画像上に異常な陰影が認められた。
新型コロナウイルスによる新型肺炎の診断を行う上でCTは有効

自衛隊中央病院による「医療従事者向け 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についてのまとめ(https://www.mod.go.jp/gsdf/chosp/)より


 

 

 日本のCT数は世界一

f:id:redo5151:20200330233130j:plain

 

 日本では1万人につき1台のCTが普及しています。先進国と考えて差し支えのないG7では4万人につきCTは1台。

 

世界中を震撼させている新型肺炎の診断にはCTが非常に有用であることは、中国の研究者も認めています。

 

イタリアでは感染拡大の封じ込めに失敗

f:id:redo5151:20200331220843p:plain

 

イタリアでは新型コロナウイルスに感染した死者がついに1万人を超えました。感染者数も10万人を超えている極めて深刻な状況です。

 

このような状況を受けて、イタリアでは外出禁止令も出され、ほぼ全ての経済活動がストップしています。イタリアの借金は2兆ユーロ(約240兆円)まで膨らんでおり、これは第2次世界大戦後最大とも言われています。

 

万が一、イタリアが経済破綻したら世界経済への影響は甚大でギリシャの比ではないと予想されます。

 

redo5151.hatenablog.com

 

アメリカでも感染者の拡大がとまらずついに世界で最大の感染者数となりました。一方で、中国の感染者数は不自然なまでにも横ばいになっている状況です。

 

世界ではコロナに若者の死亡も相次いでおり、0歳児の死亡例も。

f:id:redo5151:20200401190627p:plain

新型コロナウイルスに感染した未成年の死者が欧米で相次いで出ています。米中西部で0歳児が死亡したほか、ベルギーでは12歳の少女、英国でも13歳の少年が死亡しました。

 

基礎疾患を持つ高齢の感染者が重篤化しやすいと考えられてきたが、若年層の死亡例も続き、衝撃が広がっています。

 

アメリカでは3月24日、未成年が死亡したと発表され、イリノイ州は0歳児が死亡したと発表しました。英メディアによると、13歳の少年が同30日に死亡しました。

 

若者だから安心できるということは決してない極めてリスクの高い感染症です。

 

小池都知事の会見での「若者」と「中高年」に対する自粛発言の意図

f:id:redo5151:20200331213455p:plain

小池知事は30日夜に緊急会見し、接客を伴う飲食の場で感染を疑う事例が多発しているとして、ナイトクラブやバーなどへの入店を当面控えるよう呼び掛けました。

 

小池都知事

若者はカラオケやライブハウス、中高年はバー、ナイトクラブなど自粛して頂きたい。この2週間で感染経路が特定できていなかった患者のうち、約3割がキャバクラやナイトクラブなど接客を伴う飲食店で感染したとみられる

 

 

先ほどの韓国の感染者数の年齢割合の表の通りだと考えると、もちろん自粛している人も大勢いるものの20代と50代を中心に人が多く集まる密閉空間に多くでかけ、結果的に感染拡大に繋がってしまっているということは統計上、事実であると推測できます。

 

とはいえ、名指しされたお店側の立場からしたら何の保証も無しに自粛と言われてもお店を開けば感染拡大に繋がるリスクに加担することになってしまうし、お店を閉じれば収入源がなくなり経営難に陥るという板挟みの状況です。

 

国民に自粛のみの判断を委ねるのではなく、政府からのいち早い対応が求められる事案といえます。

 

専門家会議の発表では爆発的感染が起きる前に医療現場が機能不全との発表

f:id:redo5151:20200401184607j:plain

日本医師会が1日に会見を開き、横倉義武会長は新型コロナウイルスに関連する国の緊急事態宣言について感染爆発が起きてからでは遅いとコメントを発表しました。

 

日本医師会として現在の状況に対して「医療危機的状況宣言」を打ち出しました。

 

横倉会長は

国による緊急事態宣言というのは全国的かつ、急速な蔓延により国民生活および国民経済に重大な、甚大な影響を及ぼし、またはその恐れがある際に宣言をされることになっている。

 

現在、我々が行っている対策というのは2週間後に結果が表れる。感染爆発が起こってからでは遅い。今のうちに対策を講じておくべきだ。医療現場としては医療危機的状況宣言をしてもいいのではないか。

 

2018年にノーベル医学・生理学賞をお取りになられた本庶佑先生から、現状として日本医師会からもっとはっきり述べよという助言をいただいた。

 と話しました。

 

一方、専門者会議の発表では爆発的感染が起きる前に医療現場が機能政府の専門家会議は1日、都市部を中心に感染者が急増しており

 

医療現場が機能不全に陥ることが予想される

とする発表しました。

 

・都市部を中心に感染者数が急増
・感染源は分からない患者が増加
・爆発的感染が起こる前に医療現場が機能不全に陥る

 

まとめ

現在、日々感染者数が最多を更新し続けているものの日本政府からは不要不急の外出自粛要請に留まっており、ロックダウン(都市封鎖)の指示は出ていません。

 

しかし、コロナの感染者の抑え込みには決して成功している状況とはいえず、感染爆発が起こる一歩手前まで来ている極めて深刻な状況になっています。医師団からは医療危機的状況であると発表されました。

 

コロナウィルスは特に持病を抱える高齢者の方は感染リスクが高いです。

 

先日、日本で長く愛され続けてきたお笑い芸人の「志村けん」さんも新型コロナウィルスに感染し、逝去してしまいました。感染発覚からわずか六日間という短期間でした。親族は志村けんさんの最後を直接看取ることも出来ず、対面することも出来ませんでした。

 

他にも野球界では藤浪投手が感染し、サッカー界では酒井高徳選手、更には脚本家の宮藤官九郎さんも感染するなど有名人も次々と感染が確認されている状況です。感染には年齢は関係ありません。実際に欧米では10代未満の死亡も相次いで報告されている状況で、決して若者も他人事でないことも分かってきました。

 

感染症の専門家もコロナの感染者数のピークはまだ来ていないと口を揃えていっている状況です。5月、6月にピークが来るのではないかと予想している方も多くいます。

 

引き続き油断を許さぬ状況に変わりはありません。「・手洗い・うがい・マスク」を心がけ、三密「密閉空間、密集場所、密接場面」を避け感染リスクの高い場所には極力出歩かないようにするべきです。

 

感染拡大予防には我々「国民一人一人の意識の改革と予防」と日本政府からの「感染抑制に繋がる数々の施策」が重要になってきます。

 

 

他にもコロナウィルスに関する最新情報をまとめています。

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com