redoブログ

redoブログ

スピーカ設計者によるお役立ち情報発信ブログ♪

【DELL PC 人気ランキング】2020年1月でWindows7サポート終了|パソコンの選び方紹介!

f:id:redo5151:20191026114403p:plain

こんにちは。先月DELLのPCをSSD換装してから快適なPCライフを送っている管理人のredoです。ついにWindows7のサポートが2020年1月14日で終了です。
 
それに伴い現在、新しいPCを購入している人が急増しているようです。サポートがきれるという事は何か不測の事態に陥った場合にサポートを受けられないので、特にウィルス感染のリスク、個人情報漏洩のリスクが高まります。
 
実際、私の知っている人でHPのPCを買った人は2ヵ月待ちで増税前に発注したのにまだ届いていないとのことです。
 
昨年、私もDELLのノートPCを購入しました。そこで、今回は私がなぜDELLのPCを購入したのか、DELLの魅力とお勧めのPCをスペックの意味を交えながら紹介したいと思います。

絶対に今読んでおきたい売れ筋「本」ランキングTOP7

f:id:redo5151:20200405135811p:plain

新型コロナウィルスの影響を受けて、日本では外出自粛要請が出ています。世界の状況を見ても、これからもしばらくはこのような状態が続くと予想されます。

 

イベント中止も相次ぎ、アウトドア派の人にとっては少し辛いかもしれませんが、今だけは少し我慢して外出を控えなければなりません。

 

逆に捉えると「家での趣味が多い人にとっては絶好の機会」だし、「嫌な付き合いでの飲み会も行かずに済むことでお金も浮く」し、悪いことだけに目を向けているのは勿体ないです。

 

外出の自粛は要請されても「勉強」「読書」「ゲーム」「楽器の練習」など家で楽しむことは大いに楽しんで良いのです!!家で好きなことをたくさんしてストレス解消して、健康的に過ごしましょう。

 

むしろ積極的に「オタク」になる絶好のチャンスです。

 

今回は家で何をしたらいいのか分からなくて暇を持て余している方へ、家で楽しめる売れ筋の良い「本」ランキングTOP7をご紹介します。

 

小説のみに絞らず「全ジャンル」で今人気の本を選別しました。 

続きを読む

世界各国(ドイツ・韓国・シンガポール)の掲げるコロナウィルス感染拡大予防策

f:id:redo5151:20200401185709p:plain

新型コロナウイルスが日本では首都圏を中心に感染拡大が相次ぎ、重要な局面を迎えています。

 

日本では医療崩壊を起こさせないという理由でPCR検査はせずに、外出も自粛要請に留まるなど「後手後手」と言わざるを得ない状況が続いています。

 

中国や欧米の先進国では「迅速・明確・目に見える」対応を行ってきました。特に欧米では、“身内の安全”をはじめ、“危機”に関わることに対するアクションが、本当に素早いです。しかし、コロナウィルスの感染力の強さ故に留まることを知りません。

 

実際、アメリカでのコロナ犠牲者は10万~20万人に達すると予測されています。4月15日には1日で2214人が死亡するとも想定されています。

 

私自身はもう少し世界のコロナ対策を見習う必要があると考えます。そこで、今回は世界各国のコロナウィルスの対策方法を紹介したいと思います。

続きを読む

イタリアでの「新型コロナウィルス」の爆発的な感染拡大及び致死率が高い理由とは


イタリアでの新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。

 

イタリアで新型コロナウイルスに感染した死者がついに1万3千人を超えました。感染者数も11万人を超えている極めて深刻な状況です。

 

このような状況を受けて、イタリアでは外出禁止令も出され、ほぼ全ての経済活動がストップしています。イタリアの借金は2兆ユーロ(約240兆円)まで膨らんでおり、これは第2次世界大戦後最大とも言われています。万が一、イタリアが経済破綻したら世界経済への影響は甚大でギリシャの比ではないと予想されます。

 

では、いったいなぜイタリアでここまで感染拡大が進んでしまったのでしょうか。また、致死率が高い理由は一体なぜでしょうか。

 

新型コロナウィルスの死者数の多い国

 f:id:redo5151:20200404105015j:plain

新型コロナウィルスによる死者数は4月1日時点で既に中国を凌いでいる状況です。中国以外の国ではTOP5のうちイタリア、スペイン、フランスで死者が相次いでいます。

 

一方、イランでも感染拡大が進んでいる状況です。コロナウィルスの感染報道が始まった当初は韓国でも急激な感染拡大が進んでいましたが、現在では死者は100人程度に収まっている状況です。

 

最新の感染者数の推移はこちらのサイトがわかりやすいです。

データとグラフで見る「新型コロナウイルス」|日テレニュース24

 

イタリアでの爆発的な感染拡大はなぜ起こった?

そもそもどこから新型コロナウィルスが運ばれてきたのか

元を辿ると新型コロナウィルスは”武漢”が発症源になります。つまり、中国での感染者がイタリアに運ばないことには感染拡大は起こりえません。

 

イタリアには実はいわるゆる「華橋」と呼ばれる中国人が40万人以上います。

 

1975年には全土で400人に過ぎなかった華僑が年々増加し今の状況に至っています。農業、石工、衣料・皮革職人、飲食業などが中国人に依存しています。特にミラノを"イタリアにおける中国人の首都"にして様々な産業が発達してきました。

 

おそらくこの大勢の華僑(武漢人)によるイタリアー中国(武漢)間の飛行機による往来によってコロナウィルスが運ばれた可能性が高いと言えます。

 

おそらく爆発的な拡大は「春節=中国人のお正月」時に武漢に帰省した中国人が春節が終わりイタリアに戻ることにより、感染拡大に拍車を掛けたのではないかと予想されます。

 

 

 

新型コロナウィルスの感染者の発見が遅れた可能性

最も感染が深刻なロンバルディア州の医師は

最初の患者は風邪と思って病院に来た。医師は対応後、十分消毒しなかった

と対応ミスがあったことを認めています。

 

1月時点で州内で肺炎患者が増えているとの報告があったとして、感染確認が遅れた可能性を示唆しました。つまりダイヤモンドプリンセス号でのクラスター感染でも問題となった時点ですでにイタリアでは感染拡大がじわじわと進んでいた可能性が高いです。

 

イタリアでは感染力の強い「L型」が流行

f:id:redo5151:20200323201637p:plain

北京大学の研究者が新型ウイルスの遺伝子分析を行い、論文を発表しました。内容を要約すると、新型ウイルスが「L型」と「S型」と呼ばれる大きく2つのタイプに分類できるということです。

 

中でも、約7割を占める「L型」の方が感染力が強いとされ「S型」はコウモリから検出されたコロナウイルスの遺伝子と似ていおり、古くから存在していたようです。

 

イタリアでは感染力の高い「L型」が流行しており、感染拡大に繋がったと予想されます。

 

イタリア含むヨーロッパでの習慣による原因

 

イタリアに限ったことではないですが、ヨーロッパではまず手洗い・うがい・マスクの習慣がほとんどありません。

 

また、ヨーロッパ全土でトイレの後に手を石鹸で洗う人の率が一番高いのはトルコ(94%)、一番低いのはイタリア(57%)とオランダ(50%)だそうです。

 

ヨーロッパで感染者がもっとも少ない国はトルコ、もっとも多い国はイタリアになっています。複合的な要因が関係するので一概には言えませんが、因果関係が無いとは言い切れません。

 

また、ヨーロッパでは挨拶代わりに「キス」や「ハグ」をする習慣がありますよね。このように身体的に近寄る機会が多い習慣による「濃厚接触」で感染が拡大した可能性も高いと言われています。

ではイタリアではなぜ致死率が高いのか?

致死率の高さは複合的な要因が重なって結果的に高くなっていますので、断片的な情報だけでは判断し難いですが、関連性が高そうな項目をピックアップしました。

イタリア人には持病を持つ高齢者が多い

f:id:redo5151:20200323202713p:plain

2016年発表の世界の平均寿命ランキング(2015年)

 

イタリアで「高齢化」が進んでいることが致死率が高い理由の一つに挙げられます。

 

2015年時の政界の男女の平均寿命ランキングでも致死率上位TOP5に入るイタリア、スペイン、フランスがランクインしています。平均寿命に関しては日本の方が高く、更にリスクが高いので注意が必要です。

 

実際に、イタリア政府が出してるデータでは

犠牲者の平均年齢が約80歳
感染者の平均年齢が約60歳

となっています。

 

一方で、死亡者の大半は新型コロナに感染する前、複数の持病を抱えていたことが分かっています。中でも「高血圧」が最も目立ち、「心臓疾患」や「糖尿病」が続いています。感染により生じた合併症で97%以上の大半を占めたのは「呼吸不全」でした。

 

 

また、イタリアでは「高齢者と暮らす家族が多い」です。同じ家に大人数で住むほど感染リスクはもちろんあがります。つまり、家族が感染して、高齢者にうつしてしまい感染拡大に繋がっている可能性も考えられます。

 

 

イタリアでの喫煙習慣の影響

イタリア喫煙率

2000年~2016年までのイタリアの喫煙率

 

感染拡大が深刻な中国、イタリア、韓国のいずれも「男性」が多く、最も顕著なイタリアでは7割以上を占めるという。この原因としては「喫煙」習慣が男性の方が多いことが関係している可能性があるとされています。

 

イタリアの喫煙率は年々減少傾向にあり、2016年時点で27.8%となっています。ただし、3人に1人が喫煙していると考えると決して低くは無い数字です。

 

また、2019年のWHOのレポートによれば、中国人の喫煙率は約30%だが、男性50%、女性が2%で圧倒的に男性喫煙率が高い。実際に感染者数も男性は女性の約「3倍」となっています。

 

COPD慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患にかかっている男性喫煙者は、新型コロナ感染症に対して防御的でないと懸念されています。

 

肺炎など重篤な呼吸器疾患を引き起こす新型コロナ感染症に、喫煙習慣が呼吸器に悪影響を及ぼすのは想像に容易いですね。

 

イタリアでは既に「医療崩壊」が始まっている

イタリア医療崩壊

現在イタリアでは、大勢の患者が病院に押し寄せ、医療水準が保てていない環境になりつつあります。つまり、患者の数が医療機関の対応能力を超えている状況になっています。

 

イタリアでは以前から、常に「病床数の少なさ」は社会問題にもなっており、まさに恐れていたことが現実になってしまいました。

 

 

イタリア・ミラノの看護師の話では

院内の医師や看護師などの2割が感染して自宅で隔離されている。ミラノは感染を抑えることができない状態に陥っている。コロナウイルスは感染率は非常に高く、私たちは死者の数を数えることさえ止めてしまった

と話しているほどに深刻な状況です。

 

イタリアでのコロナ感染者に関する統計情報まとめ

f:id:redo5151:20200329132305j:plain

 

・感染者の全体の7割が50歳以上
・10歳〜50歳までは全体の25%
・致死率は60歳で11%,70代で35%,80代で40%

 

一方で、日本の高齢者人口(65歳以上)は全体の3割にあたる3588万人です。

 

日本でも同じ状況になった場合、医療崩壊を防ぐべく、身近に高齢者の親族がいる方はしばらく会わないようにする対策をしないといけません。

 

日本でも感染者数は日々増加しており、既に瀬戸際に来ています。PCR検査数に対する感染者数の割合が高くなっており、極めて危険な状況です。

 

感染リスクの高い場所は?

 

 

私たちが今後感染拡大をコントロールし、早急に収束に向かわせるためには、外出時にせめて気をつけなければならないのは下記3つの条件にあてはまる場所に極力行かないことが大変重要です。

 

 

私が大好きな「ライブハウス」も残念ながら当てはまってしまいます。満員電車もリスクが高いとされていましたが、会話を発するという状況を満たさなければ、多少リスクは低くなると考えていいようです。

 

 まとめ

今回イタリアを例にとり、感染拡大の原因と致死率の高い原因をまとめましたが、高齢大国である日本も実は他人事ではありません。特に持病を抱える高齢者の方は感染リスクが高いです。

 

日本ではまだ外出禁止にまでは至っていませんが、オリンピックも延期が検討されており、今後の状況次第ではイタリアと同じ状況に陥ってしまってもおかしくない状況です。

 

感染症の専門家もコロナの感染者数のピークはまだ来ていないと口を揃えていっている状況です。5月、6月にピークが来るのではないかと予想している方も多くいます。

 

引き続き油断を許さぬ状況に変わりはありません。しばらくはコロナ慣れしすぎず「・手洗い・うがい・マスク」を心がけ、感染リスクの高い場所には極力出歩かないようにするべきです。

 

外出時に一人での密閉空間でない「外」での単独行動なら基本はOKと考えていいかと思います。散歩、サイクリング、山登り、キャンプ、テニスなど考えれば色々あります。

 

うまく行動を考えつつ息抜きもしつつ、コロナウィルスの感染拡大を抑制していきたいものです。

 

 

他にも「コロナウィルス」に関する情報をまとめています。

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com

KingGnu「Flash!!!」起用のドコモ新CMで話題の「5G」とは?

5G

KingGnuの「Flash!!!」がNTT docomo「5G」の新CMに起用されました。「5G」とは第5世代移動通信システムのことですが、今後「5G」の普及により今後の世の中を大きく変えていく可能性があります。

 

世界で猛威を振るっている「新型コロナウィルス(=COVI-19)」も自宅での遠隔医療を「5G」で実現できれば”クラスター感染”や”医療崩壊”も解決することができます。一方で、需要の有無や基地局の増設、身体への影響などいくつかの課題もあります。

 

今回は「5G」って何?って方へ向けて、CM紹介とあわせて今後私たちの生活を劇的に変えていく可能性を秘めた「5G」について解説します。

続きを読む

2020年スペシャアワードの年間最優秀賞は「ONE OK ROCK」に決定!

ONEOKROCK

2020年のスペースシャワーアワード(SPACE SHOWER MUSIC AWARDS)の受賞者が決定しました。

 

今年のスペースシャワーアワードの授賞式は新型コロナウィルスの影響で無観客での無料ネット配信での放送となりました。

 

今回は2020年のスペースシャワーアワード受賞者をまとめましたので、紹介します。

続きを読む

マスクはどこに売ってる?「Keepa」を使った通販でのマスク購入がおすすめ

マスク

コロナウィルスが大流行して以降、マスクのストックが徐々に無くなり、どこで入手すればいいのか困っている方も多いのでは無いでしょうか。

 

実際、店舗で買えればいいのですが、現状では開店直後から並んで買ったりしないことにはなかなか気軽に購入できない地域が多数あります。

 

そこで、今回は並ばずに通販で良心的な値段で購入できるマスクを調査したので、紹介したいと思います。

 

コロナウィルスが流行する前ほど安くなることはしばらくないと思いますが、現時点(3月)でおすすめの比較的安価なマスクを紹介したいと思います。 

続きを読む

話題沸騰中の「鬼滅の刃」の魅力と無料で見れるアニメ動画・漫画サイトまとめ

鬼滅の刃

2016年から連載が始まり、アニメ化により一気に人気に拍車を掛けた「鬼滅の刃(きめつのやいば)」。テレビの特集でも度々取り上げられており、子供だけでなく大人も楽しめる漫画として社会現象になりつつあります。

 

コロナウィルスの影響で学校は休校となり、在宅勤務やテレワークも推奨されており、家で暇を持て余している方も多いかと思います。

 

そんな時には「鬼滅の刃」のアニメを見てスッキリしてみるのはどうでしょうか。アクションシーンも多く、泣ける要素や笑えるシーンも多々あるので、ストレス解消におすすめです。

 

これから読もうかなと興味を持っている方へ向けてネタバレしない程度に鬼滅の刃」の魅力をお伝えしつつ「無料」で見れるアニメもご紹介します。

続きを読む

【楽天モバイル】月額2980円の容量無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」に向いている人・向かない人

楽天モバイル

楽天モバイルの新キャンペーン「Rakuten UN-LIMIT」が3月3日に発表されました。

 

なんと、「容量無制限プランが大手キャリアの半額以下」でしかも「300万人まで1年間無料」ということで、話題を呼んでいます。しかし、ホントにそんなにうまい話はあるのか?と疑っている方もいるかと思います。

 

そんな疑問をまるっと解消すべく、今回の通信容量無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」のメリット・デメリットをまとめてみました。

続きを読む