redoブログ

redoブログ

現役スピーカー設計者によるお役立ち情報発信ブログ

【HIFIMAN SUNDARA-C レビュー】平面駆動型が外でも楽しめる!次世代スタンダードの密閉型ヘッドホン

HiFiMAN SUNDARA-C 密閉

HIFIMAN JAPANの中でも圧倒的な人気を誇る平面磁界型ヘッドホンSUNDARAの密閉型verとなる「SUNDARA-C」が新発売され入手したので、実機レビューを紹介します。

 

SUNDARA-C」は2018年にVGP Summerを受賞してからHIFIMAN JAPANの中でも未だに不動の人気を誇るヘッドホン「SUNDARA」の音色を踏襲した密閉型バージョン仕様になります。

 

密閉型になったことによって従来品と比べて音漏れもないので、外出時でも周りの目を気にせず気軽に楽しむことができます。

 

 

また、密閉型バージョンとはいってもヘッドホンのハウジング部分はウッド仕様となり外観は「SUNDARA」とは似ても似つかない新デザインとなっています。

 

「SUNDARA」の由来は古代サンスクリット語で「美しい」という意味をもっており、まさに名前の通り全方位で機能美を追求したヘッドホンです。

 

「SUNDARA-C」は2022年の中野で開催されたヘッドホン祭りにも出典され大変好評だったヘッドホンです。実際に私も聴いてみてとても好みの音質でした。音質はパワフルなサウンドで音場が広く、低域重視というよりは中高域よりのチューニングに仕上がっています。

 

今回はこのHIFIMAN JAPANの中では珍しい音漏れを気にせず使える密閉型「SUNDARA-C」の実機レビューをしていきたいと思います。

続きを読む

【PV数・収益公開】はてなブログ初心者が100記事書くといくら稼げるの?|収益化手順・アクセスの伸ばし方も詳しく解説

ブログ 100記事

「無料版はてなブログでも収益化はできるのか」といった疑問や今までブログをやってきたけど収益化が難しいという悩みを持っている方へ向けて、実際に「ブログ副業」している私 (@redo5151)が昨年「無料版はてなブログ」で100記事書いた際のアクセス数(PV数)と収益について紹介します。

 

結論を先にいうと「無料版はてなブログでも収益化は可能」です。ただし、ブログのジャンル選定やライティングスキル、キーワード選定などある程度のノウハウは必要です。

 

無料版であれば仮に失敗しても一切リスクがありませんし、実際に私が無料版で収益化を成功させています。

 

お金を増やす方法として投資などもありますが、リスク管理が必須になります。一方で、ブログ副業はいっさいその必要はありませんので、ノーリスクハイリターンも期待できるという魅力があります。

 

現在、ブログを書いている方やこれからブログを始めようと考えている方に向けて、私のブログ100記事時点でのアクセス数(PV数)の情報から、どれだけ稼げるかのイメージが想像できると思います。

 

さらにアクセスを伸ばすためのキーワード検索方法も詳しく解説していきます。

 

近年、ブログは「時間と場所の自由度が高い」という点や「初期費用がかからない」ということからもコロナ禍と相まってとても人気があります。

 

実際、会社に行かなくても、自宅や喫茶店など好きな場所で稼げるのはとても魅力的ですよね。

 

また、株式投資と違って株価暴落による元本割れなどもないので、失敗のリスクを全く心配せずに安心して始められます。一度ペースを掴んで収益化すれば着実に資産を増やすことが可能なので、ブログ副業はおすすめです。

 

特にこれから「副業」として「はてなブログ」で収益化を考えている人に参考にしていただけると幸いです。

続きを読む

【SENHHEISER MKE200 Mobile Kitレビュー】スマホでもYoutube動画・VLOGがカンタンに撮れるおすすめ指向性マイク

MKE200 Mobile Kit レビュー

今回はゼンハイザーから発売されたDGPモバイルアワード2022総合金賞<動画/配信アイテム部門>も受賞している実力派オンカメラマイク「MKE 200 Mobile Kit」をレビューします。

 

スマホの進化は目まぐるしく、デジカメとも遜色ないレベルで写真や動画撮影もできる時代になってきました。

 

そんな中で、YoutubeVLOGをはじめとした動画配信も流行し、その撮影を一眼レフやGoProなどのアクションカメラだけでなくスマホで撮っている人も多くなっています。

 

今回ご紹介する「MKE 200 Mobile Kit」は昨年発売された「MKE200」にスマホ配信がお手軽にできるように三脚やスマホホルダーなどをセットにした小型の指向性マイクになります。

 

続きを読む

【HIFIMAN EF400 レビュー】ヒマラヤDACが優秀すぎるハイパワーヘッドホンアンプ「EF400」がついに登場

HIFIMAN EF400

HIFIMANからEF400が新発売となり、入手したので早速実機レビューしたいとおもいます。EF400は据え置きのDAC内蔵型ヘッドフオンアンプです。

 

メタリックで高級感漂う外観とその見た目に引け劣らずの性能を含めてEF400が私の音楽ライフに溶け込んでからはテンションがあがりっぱなしです!

 

ヘッドホンアンプは主にはパソコンやスマホタブレットウォークマンなどから出力した音源をヘッドホン、イヤホンで聴くときに音源情報の伝送時の余計な損失無くし、より高音質を限りなく追求したオーディオマニア向けの用途になります。

 

せっかく数万円する良いヘッドホンを買ったのに肝心の音源出力側のアンプは歪だらけでどっちの音を聴いているのかわからない!と困っている人や少しでも音質に関連する損失となるオーディオ環境を改善し、実際の純粋な音が聴きたいって人向けにおすすめなヘッドホンアンプです。

 

オーディオが沼と言われる所以は、入力部分(ウォークマン、PC)、伝送部分(ケーブル)、出力部(ヘッドホンアンプ)のどれかが一つでも大きく性能が劣るとその劣化に音質が引きずられてしまいます。そのため、どれも高性能なモノで揃えようとすると軽く数十万円の投資になります。ただ、それがオーディオマニアにとってのロマンとも言えます。万人の耳が違えば、何を良しとするかも千差万別です。

 

今回はその沼の一つであるロマンを叶えてくれるヘッドホンアンプEF400をとりあげました。

 

EF400ではDACにHIFIMAN独自のヒマラヤDACを採用することで、従来の抵抗を組み合わせたR2R DAC回路では巨大になってしまうDAC回路を、従来のICなみのコンパクトさで提供できるようにコンパクトなサイズへ抑えているのが主な特徴です。つまり、高耐入力の高性能なコンパクトヘッドホンアンプといえます。

 

今回EF400のヘッドホンアンプを詳しくレビューしていきたいと思います。

続きを読む

【NELLマットレス体験レビュー】ネルマットレスを実際に使ってみた感想と口コミを徹底解説|コアラマットレスとの違いは?

NELLマットレス 口コミ

睡眠の質をあげたい方や腰痛対策としておすすめな寝返りを科学したNELL(ネル)マットレス のレビューを紹介します。Instagramや雑誌でも多く取り上げられ、口コミ評価も非常に高いマットレスです。

 

朝起きた時に腰が痛かったり、肩がこったりして、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私もその一人でした。特に、冬などの寒い時期は身体が冷え、凝りやすい状態になっています。

 

睡眠が原因となる身体の痛みを軽減するためには、1:体圧を適切に分散し、2:自然な寝返りを打つこと、が大切です。これにより、肩や腰にかかりやすい体重の負担を和らげ、血流を良くすることで特定の箇所が凝り固まることを防ぎます。

 

中でも、腰痛対策や熟睡(リラックス)するためにおすすめなのが今回紹介するNELL マットレスです。

 

寝心地が良すぎて、人をだめにするマットレス」といっても過言ではありません。トクに寝る場所は人生の3分の1を過ごす場所なので、とても重要です。 

 

今回引っ越しをしたタイミングでより睡眠改善ができ、腰痛対策、肩こり対策のできるベットがないか探していたところインスタグラムや雑誌など多くのメディアで取り上げられていたNELLマットレスを見つけました。

 

実際に現在、注文が殺到しておりサイズによっては取り寄せの時間がかかるとホームページでも注意がなされています。

 

人気であったのは知っていたのですが、最初は半信半疑で使い始めてみたものの、NELLマットレスを使い始めてから夜中に目覚める回数が激減し、間違いなく眠りが深くなったことを体感しています。

 

さらに、心地良い寝返りにより血液の流れが良くなることで、腰痛や肩こりなどのからだの痛みが軽減されました。

 

NELL マットレス安価で低反発なマットレスと比較すると体が沈み込みすぎないので、体と首との間に必要以上の段差ができにくいため、首への負担が少ないです。

 

今回は実際に半年以上NELL(ネル)マットレス使ってみた感想・レビュをコアラマットレスの性能とも比較しつつ、詳しく解説したいとおもいます。

続きを読む

【2022年邦楽34選】10代、20代に人気な話題曲・流行りのアーティスト・歌手まとめ

おすすめ 歌手

流行りのおすすめの音楽や歌手・バンドやこれからさらに人気がでそうな歌手などを厳選して、順不同で34組にまとめました。 

 

今回ご紹介する歌手・バンド・曲を最低限抑えておけば、流行の音楽トレンドにのれていること間違いなしです!

 

邦楽アーティストが好きな方へ向けて10代・20代を中心に今人気のあるバンドやアーティストをおすすめ曲とあわせて紹介します。

続きを読む