redoブログ

redoブログ

現役スピーカ設計者によるお役立ち情報発信ブログ

【2020年邦楽22選】10代、20代に人気な話題曲・流行りのアーティスト・歌手まとめ

邦楽 人気 おすすめ

2020年に流行ったおすすめの音楽や歌手・バンドやこれからさらに人気がでそうな歌手などを厳選して、順不同で21組にまとめました。 

 

今回ご紹介する歌手・バンド・曲を最低限抑えておけば、流行の音楽にのれていること間違いなしです!

 

邦楽アーティストが好きな方へ向けて10代・20代を中心に今人気のあるバンドやアーティストをおすすめ曲とあわせて紹介します。

 

memo

・最近流行りの「邦楽バンド・歌手」やおすすめの曲を知りたい方
・好きな音楽を聴いて、リラックス・ストレス解消したい人

 

米津玄師

米津玄師-Lemon

 

米津玄師は2009年に「ハチ」という名前でニコニコ動画に自身が作曲した楽曲の投稿を開始し、100万回の再生を達成。2012年に「diorama」でソロデビューし、翌年メジャーデビュー。

 

度重なる転調、複雑なコードやメロディの展開など、少々難解な要素の多い楽曲を大衆的なポップソングへ昇華したと世界からも高い評価を得ています。

 

2018年には「LEMON」が史上最速での300万DLが認定され、Billboard JAPAN 年間チャート2019で2年連続1位を達成しています。

 

さらにドラマ「ノーサイドゲーム」で「馬と鹿」で大ヒットするなど、今や国民的な人気アーティストになっています。

 

8月5日には米津玄師の新アルバム「STRAY SHEEP」が発売も決定しました。

 

「Lemon」「馬と鹿」や自身が楽曲提供したFoorinの「パプリカ」や菅田将暉の「まちがいさがし」のセルフカバー曲も収録されています。

 

自身の収録曲だけでYoutubeの再生回数も合計「10億回」を越えています。

 

RADWIMPS野田洋次郎とのコラボ曲「PLACEBO」なども収録されるということで、注目度も高いです。

 

6月26日からはTBSドラマ「MIU404」が”毎週金曜夜22:00~放送”され、その主題歌は米津玄師の「感電」になっており、話題になっています。

 

 

詳しくはこちらで解説しています。

redo5151.hatenablog.com

 

redo5151.hatenablog.com

Official髭男dism(ヒゲダン)

Official髭男dism-Pretender

 

今年「Pretender」を色々な場所で耳にした方も多いのでは無いでしょうか。

 

Official髭男dismは2012年に結成された4ピースのJ-POPバンド。愛称は「ヒゲダン」。2018年4月に「ノーダウト」をリリースし、メジャーデビュー。

 

バンド名の由来は「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意思が込められています。

 

「Pretender」は2019年の5月にリリースされたのですが、Youtubeの再生数も1億回を超えるほどの大人気曲です。

 

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌 の書き下ろし楽曲で、2019年6月3日付のオリコン週間ストリーミングランキングで、237.1万回で1位を獲得。

 

 

 

KingGnu(キングヌー)

KingGnu-白日 

 

「白日」は今やKingGnuの代表曲でありYoutube再生数は2億回をこえています。抑揚のついた「静と動」がうまく融合した素晴らしいハイブリット曲になっています。

 

KingGnuはリーダー兼プロデューサーの常田 大希(つねた だいき)と井口 理(いぐち さとる),勢喜 遊(せき ゆう),新井 和輝(あらい かずき)の4人で構成された2019年1月にメジャーデビューしたミクスチャーバンドです。

 

ボーカルはリーダーでもある常田さんと井口さんの2人が担当しています。ちなみに常田さんは全ての楽曲の作詞作曲を担当しているまさに天才肌です。

 

常田さんの歌声の特徴はワイルドで力強い声であり、一方、井口さんの声は力強さに優しさが加わり、色気のある独特な声です。

 

この二人の声が融合して「独特なKingGnuの世界観」が表現されています。心に響くハーモニーが多くのファンの心を掴んでいます。

 

シンセドラムやギター、ピアノなど多数の楽器で繰り出される音楽からはヒップホップやジャズ、ロック、ブルースを感じさせ、今までに聴いたことがない不思議な感覚に陥ります。

 

 

あいみょん

あいみょんマリーゴールド

 

あいみょんの代表曲としては「マリーゴールド」がおすすめです。

 

あいみょんは2016年にメジャーデビューした女性シンガーソングライターです。

 

なかなか普段口に出して言えない感情や思いを歌詞にストレートに表現し、特に10代、20代の女性に絶大な支持を得ています。

 

YOASOBI(ヨアソビ)

YOASOBI(ヨアソビ)ー夜に駆ける 

 

YOASOBIは2019年12月15日に「夜に駆ける」でデビューし、SNSTiktokを起源として、10代、20代を中心に大きな支持を集めている今注目のアーティストの一人です。

 

2020年6月のmoraデイリーランキングでは総合ランキングとハイレゾランキングのTOP3を独占」しており、「1アーティストによる総合・ハイレゾランキングTOP3」の独占はmora史上初となります。

 

YOASOBIの曲が他のアーティストと一味違うのは楽曲の歌詞は”小説”が元となっており「文学作品から音楽を創造」する次世代スタイルをとっています。

 

これが絶妙にハマります!ぜひ一度聴いてもらいたい一曲です。

 

redo5151.hatenablog.com

ヨルシカ

ヨルシカーただ君に晴れ

 

「ただ君に晴れは」は負け犬にアンコールはいらないに収録されている楽曲です。

 

「僕の中に残る君は夏に思い出す記憶だけ」という切ないストーリになっています。

 

「ヨルシカ」は2017年に結成した日本の男女2人(n-buna(ナブナ:全楽曲の作詞,作曲,編曲担当&ギター),suis(スイ:ボーカル))のロックバンドです。2019年の6月24日にメジャーデビュー。

 

ヨルシカの由来は1st ミニアルバム「夏草が邪魔をする」の収録曲である「雲と幽霊」の歌詞中に出てくる”夜しか(=ヨルシカ)”。

 

ヨルシカの曲はメロディはボカロPであるn-buna(ナブナ)さんのセンスあるメロディにスイさんの透明感ある歌声がとてもうまくマッチしていて、聴いていてとても心地よいです。

 

歌詞も小説を読んでいるかのような単語・セリフが秀逸です。

 

7/29日にヨルシカの待望のニューアルバム「盗作(とうさく)」が発売されました。

 

詳しくはこちらで紹介しています。

redo5151.hatenablog.com

 

redo5151.hatenablog.com

ずっと真夜中でいいのに。(ずとまよ)

ずっと真夜中でいいのに。-秒針を噛む 

 

 秒針を噛むはずっと真夜中でいいのに。(ずとまよ)の原点ともなるYoutubeで一番最初に投稿されたずとまよの楽曲で、MVをアップして、わずか1週間で動画の再生回数が20万再生にまで一気に伸びるという記録を残しました。

 

「ずっと真夜中でいいのに。」は通称「ずとまよ」。正式に公開されているメンバーはACAね(アカネ)のみです。作詞、作曲、ボーカルを担う代表者となっています。

 

曲のジャンルはポップ、ロック、JAZZなどを取り入れたサウンドです。楽曲にギター、ベース、ドラムの他にピアノが多く使われているのも特徴です。

 

8月5日には3rdアルバム「朗らかな皮膚とて不服」が発売決定しています。

 

ヨルシカ好きにはぜひおすすめしたいアーティストです。

redo5151.hatenablog.com

Novelbright(ノーベルブライト)

NovelbrightーWalking with you

 

Novelbrightが仙台駅前で行った路上アコースティックライブでこの「Walking with you」を披露した動画がTikTokで拡散し、バズりました。

 

Novelbrightは2013年から活動している大阪発のインディーズの邦ロックバンドです。

メンバーは竹中雄大(Vo),山田海斗(Gt),沖聡次郎(Gt),ねぎ(Dr),圭吾(Ba)の5人組。

 

NovelbrightがAWAの2020年にくるアーティスト部門で「ヨルシカ」や「マカロニえんぴつ」を抜き見事1位を獲得しています。

 

5月27日には1stフルアルバム「WONDERLAND」が発売されました。

 

redo5151.hatenablog.com

瑛人(エイト)

瑛人ー香水

 

香水はTikTokの影響で再生数が伸び、Apple Musicのシングル総合チャート、LINE MUSIC TOP 100、Spotify Japan Viral 50などで一位を獲得。

 

香水はそれまでSpotifyの1位だったOfficial髭男dismの「Pretender」を抜いて1位となっりました。 

 

瑛人(えいと、1998年6月3日 - )は、日本のシンガーソングライター。 神奈川県出身。

 

2019年から活動を開始してるので、まだ期間は短いですが、注目度の高いシンガーです。

 

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)

BUMP OF CHICKENーButterfly

 

「Butterfly」はBUMP OF CHICKENのメジャー6作目のアルバムに収録されているリード曲です。ロック系バンドには珍しくEDM調の楽曲であるが、メンバーは「バンドだからこそできた、今までで最もバンドらしい曲」と語っています。

 

BUMP OF CHICKENは1999年にインディーズデビューし、メジャーデビュー後の1stアルバム「Jupiter」で累計55万枚を売上げ一気にバンドの人気が爆発した邦楽ロックバンドです。

 

メンバーは幼稚園からの幼馴染4人組(Vo.Gt.藤原基央,Gt.増川弘明,Bass.直井由文,Drum.升秀夫)になります。

 

BUMP OF CHICKENボーカル藤原基央さんの少し鼻にかかったような特徴的な声や他にはない歌詞観、メロディが魅力的であり、今でも多くの根強いファンがいます。

 

私もそのファン歴10年以上で何度もライブに足を運んでいます。

 

最近新たに公開されたMV22曲の中からおすすめの10曲も紹介しています。

redo5151.hatenablog.com

 

redo5151.hatenablog.com

 

Eve(イブ)

 Eve-ドラマツルギー

 

ドラマツルギー」はEveの3rdアルバム「文化」に収録されている曲で、Youtubeでの再生回数も6000万回をこえています。

 

「Eve」は5月23日生まれのインターネット(ニコニコ動画)初のシンガーソングライター。

 

2012年から2013年にかけてバンド「einie」で活動。2014年に「Riot of Color」にも参加。2016年にはボカロPとして、初音ミクの楽曲「sister」も公開。

 

2017年には「文化」のオリジナル曲が大ヒット。MVの総再生回数も”5億回”をこえ、今ノリにのってる歌い手の一人です。

 

ドラマツルギー」はEveさんの声やメロディで堪能した後に歌詞の意味を考えながら聞いてまた深みがますという1度で2度おいしい曲です。

 

ぜひ一度聞いてみて下さい。

 

さらに詳しくEveさんについて知りたい方へ下記で詳しく解説してます。

redo5151.hatenablog.com

millennium parade(ミレニアムパレード)

millennium paradeーFly with me

 

「Fly with me」はmillennium parade(ミレニアムパレード)の曲で、攻殻機動隊 SAC_2045のオープニングテーマにもなっています。

 

2019年からKingGnu(キングヌー)常田大希さんの新たな挑戦として「millennium parade(ミレニアムパレード)」の活動を本格的に始動しました。

 

「Fly with me」のボーカルは今回なんと5人(ermhoi,HIMI,Cota Mori,長塚健斗さん(WONK),佐々木集さん)で構成されています。メインボーカルはHIMIさんです。サビは長塚健斗さん(WONK)が歌っています。全体で14人ものミュージシャンが参加しています。

 

近未来的で視覚からも訴えかけてくる過去に例のない新たな音楽として、クリエイティブチーム「PERIMETRON 」が想像するメロディは、世界からも注目の的になっています。

 

 

redo5151.hatenablog.com

 

緑黄色社会(りょくおうしょくしゃかい)

 緑黄色社会ーMela!

 

Mela!は玉城ティナ出演"パルティ カラーリングミルク"CM曲です。

 

テレビを普段よく見る方は一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

緑黄色社会(りょくおうしょくしゃかい)は、日本の男女混成4人組バンド。愛知県出身。略称は「リョクシャカ」。

 

バンド名は、長屋さんがたまたま飲んでいた野菜ジュースを見た小林さんが「緑黄色野菜!」と言ったところ、メンバーが「緑黄色社会?」と聞き間違えたことに由来しています。

 

リョクシャカも今人気急上昇中のバンドの一つです。

Mr.children(ミスターチルドレン)

Mr.children-HANABI

 

HANABI」はミスチルの33rdシングルです。フジテレビ系テレビドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命の主題歌でも有名です。

 

Mr.Childrenミスターチルドレン)は1989年結成した日本のロックバンド。略称はミスチル。所属芸能事務所はエンジン、レコード会社はトイズファクトリー

 

説明するまでもないほどの国民的な人気バンドですが、これまでに「シングル」で10作品ミリオンセラーを達成しており、「アルバム」でもなんと14作品でミリオンセラーを達成しているほどです。

 

日本レコード大賞」をバンドとしては初めてで2度も受賞しています(1994年のinnocent worldと2004年のSign

 

redo5151.hatenablog.com

Uru(ウル)

Uru(ウル)ーあなたがいることで

 

「あなたがいることで」はTBS系 日曜劇場”テセウスの船”主題歌にもなり、大ヒットしました。

 

 

Uruさんといえば、”中学聖日記”の主題歌「プロローグ」という曲で一気にブレイクし、知名度もあがりました。

 

私も初めて聞いた曲「プロローグ」でドラマの雰囲気と曲の融合感に圧倒され、一時期この曲ばかりリピートでひたすら聴いていました。

 

Uruさんは2013年からYouTubeで歌手のカバー曲を配信し、有名になりました。JUJUや、スキマスイッチ今井美樹、back numberなどの有名ミュージシャンの楽曲のカバー動画を配信しています。

 

実は、Uruさんはシングル「願い」で”KingGnuの白日のカバー”もしているんです。

 

下記で詳しくUru(ウル)さんを紹介しています。

redo5151.hatenablog.com

 

SUPER BEAVER(スーパービーバー)

SUPER BEAVER-らしさ

 

「らしさ」はSUPER BEAVERの通算6枚目のシングル曲。「らしさ」はアニメ「ばらかもん」のオープニングテーマ曲にもなっています。

 

SUPER BEAVER(スーパービーバー)は、日本の4人組ロックバンド。2005年結成。略称は「ビーバー」「SPBV」。

 

あなたたちではなく”あなたひとりひとり”に語りかける、熱いライブパフォーマンスが魅力的です。さらに、心に残る、メッセージ性の強い楽曲がたくさんあります。

 

一度SUPER BEAVERのライブに足を運んだ人はこぞってファンになってしまう・・そんな人を惹きつける魅力があります。

 

ぜひ素晴らしい心に刺さる歌詞に注目しながら聴いてみましょう。悩んでいるときには、さらに心にグッときますよ。

美波(ミナミ)

美波ーカワキヲアメク

 

「カワキヲアメク」は2019年に発売された美波さんの1stシングル曲です。

 

疾走感あるエモーショナルな曲調が特徴的です。さらに、美波さんの可愛らしいルックスとは裏腹にラップ調や綺麗な裏声そしてパワフルで力強い声など、美波の魅力が詰まった楽曲です。

 

「百聞は一聴に如かず」で聴いてみて下さい。

 

多くの邦ロック好きは「美波ワールド」へ引きずり込まれることでしょう。

 

美波さんが好きな人は大体「ヨルシカ」と「ずとまよ」好き説があるように「ヨルシカ」や「ずとまよ」好きにぜひおすすめしたいシンガーです。

 

redo5151.hatenablog.com

 

ONE OK ROCK(ワンオクロック)

ONE OK ROCK(ワンオクロック)ーThe Beginning

 

The Beginningは「Re:make/NO SCARED」から、約1年1ヶ月ぶりの7thシングル。映画「るろうに剣心」とのタイアップ曲にもなっている。

 

Takaは同映画に主演している佐藤健とはプライベートで仲が良く、

今やるべきことは何かなどについて普段から話をしていたので、仲間意識や苦しみを知っている。彼が一生懸命頑張った映画に対してONE OK ROCKに何ができるかを考えるだけだった。

とコメントを残しています。

 

ONE OK ROCK(ワンオクロック)は、4人組の日本のロックバンド。

 

結成当時、練習スタジオに入るのが、深夜パックで料金が安くなる毎週末の午前1時(one o'clock)だったことから、o'clock部分をOKとROCKに置き換え、「ひとつの良いロック」にかけて名付けられました。

 

ONE OK ROCK(ワンオクロック)は国内外でもライブ活動を精力的に行っており、まさに邦楽ロックの最先端をいっている若者に絶大な人気を誇るバンドです。

 

菅田将暉

菅田将暉まちがいさがし

 

まちがいさがし」は菅田将暉の1stアルバム「LOVE」に収録されている曲。米津玄師さんが作詞・作曲を担当した曲としても有名です。

 

「灰色と青」でのコラボ後に米津と菅田でまた一緒に何かやりたいとお互いに話し合っていたものが実現したものです。

 

米津玄師が菅田将暉のことを考え過ぎて3ヶ月間で1曲も作れなかったというエピソードもあるぐらい真剣に時間をかけて作り上げた曲です。

 

菅田将暉auのCM曲として起用されていた曲「見たこともない景色」でソロ歌手としてデビューしました。

 

役者だけでなく、歌手としても人気があり、その才能を多方面で発揮しています。

 

redo5151.hatenablog.com

SanoIbuki(サノイブキ)

Sanoibuki-決戦前夜 

 

「決戦前夜」はSano ibukiの1stシングル曲。Sanoさんの魅力は少し鼻にかかったような独特な声です。裏声もとても綺麗で歌唱力は抜群です。走るように歌う曲もさらりと歌い上げていて、凄いです。


デビュー背景としては、自主音源である「魔法」をたまたま聴いたTOWER RECORDの担当者がひと聴き惚れし、2017年に新宿店限定シングルを販売。

 

2019年の10月にメジャーデビュー1st シングル「決戦前夜」を発売。さらに、2019年の10月には「僕らの七日間戦争」の主題歌三曲を担当しています。

 

Sano ibukiは今後の活躍が期待されるアーティストの一人です。

 

東京事変

東京事変群青日和

 

群青日和(ぐんじょうびより)は、日本のバンド・東京事変による楽曲。2004年9月8日に東芝EMIより発売されたデビューシングルです。

 

2003年に結成され、2012年まで活動していた椎名林檎が率いる5人組の日本バンドです。2012年の日本武道館でのライブを最後に休止していました。

 

redo5151.hatenablog.com

 

秋山黄色(あきやまきいろ)

秋山黄色ーモノローグ

 

ノローグはフジテレビ系テレビドラマ「10の秘密」主題歌になっている曲です。

 

秋山黄色は日本の男性ソロアーティストで、すべての楽曲の作詞、作曲、編曲を手掛け、その他に映像制作、イラスト制作も手掛けています。

 

2017年12月から音楽活動を開始し、翌年6月に1st配信シングル「やさぐれカイドー」をリリースし、Spotifyバイラルチャート2位を獲得。

 

さらに2018年には「SUMMER SONIC 2018」へ出演し、デビュー1年で一気に人気を高めました。

 

米津玄師に似ているなどの声もあがっているようですが、カリスマ性に関しては共通する部分はあるかもしれないものの、また違った色・個性を発揮しており素晴らしい歌手です。

 

redo5151.hatenablog.com

おすすめ人気Bluetoothイヤホン

人気 Bluetoothイヤホン

最近Bluetoothイヤホンが人気になってきました。音質もさることながら通信の安定性や防水性、バッテリーの持ちなど選ぶ上では多くのポイントがあります。

私が自信をもっておすすめできるBluetoothイヤホンを紹介しています。

redo5151.hatenablog.com

 

Bluetoothの最高峰とも言われる「Airpods Pro」も紹介しています。

redo5151.hatenablog.com

 

コンポを「Bluetoothスピーカー」化できるトランスミッター

Bluetooth スピーカー トランスミッター

「トランスミッター」を使えば通常のコンポもワイヤレス化できます。

 

iPhoneの曲やパソコンの音声をコンポから流すこともできおすすめです。

 

私が普段使っている「TaoTronicsのトランスミッター」を詳しく紹介しています。

redo5151.hatenablog.com

おすすめ「音楽」のサブスクリプション

今や楽曲の購入、再生、管理のすべてが携帯のアプリで済んでしまう時代が到来しました。CDはあまりに多いと場所もとります。

 

しかも、結局CDを買った割に全部データはパソコンやスマホに移してしまい、CDコンポを通じて聞く人は少数派です。

 

サブスクリプション」はうまく活用できれば大幅な節約に繋がります。

 

今回は主要な各音楽サービスのサブスクリプションのプランを徹底比較しましたので、下記で詳しく解説しています。

 

redo5151.hatenablog.com

まとめ

「10代、20代に人気の高いおすすめ歌手・バンド」をまとめました。

 

最近人気のでている歌手の傾向として、YOASOBI,ヨルシカ,ずとまよ,リョクシャカなどを筆頭に「女性ボーカル+邦楽ロック」の流行りが来てるんじゃないかと感じています。

 

また、YoutubeTiktok,TwitterなどSNSを通じて、その歌の良さが周知され拡散し、人気が爆発するスタイルが随分増えています。時代の移り変わりを感じます。

 

それだけインターネットを通じて、素晴らしい歌・歌手が多くの人の目に留まりやすい環境になっているとも言えます。

 

今回紹介した歌手以外にもまだまだ多くのおすすめバンドもありますので、随時更新していきたいと思います。