redoブログ

redoブログ

現役スピーカー設計者によるお役立ち情報発信ブログ

【Uber Eats】話題のUber Eats(ウーバーイーツ)とは? 登録の方法やエリア、使用方法などを解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)

最近、新型コロナウィルスの影響を受けて、都内を中心に急激に「在宅勤務」の割合が増えてきています。

 

「美味しい料理は食べたいけど、コロナもあるしあまり外出したくない」と悩んでいる方や「小さい子供がいるから毎回料理を作るのが大変なので出前を頼みたい!」なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

 

実は、外出せずに家まで「好きな料理」を「運んでくれるサービス」があるんです。それが「Uber Eats(ウーバーイーツ) 」です。最近では知名度もあがり、名前も随分知られていますよね。でも、まだ使ったことの無い方は多いかと思います。

 

今回はそんな悩みを抱えている方へ向けてUber Eats(ウーバーイーツ)のシステムや使い方」について細かくご紹介します。Uber Eats(ウーバーイーツ)を使えば数分で食事・飲み物の発注までできるので、大変便利です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)は海外発(アメリカ合衆国)のフードデリバリーサービスである「ウーバー・テクノロジーズ」が運営している「宅配サービス」です。

 

食事や飲み物などの商品を、パソコンやスマートフォンのアプリで注文することで、スピーディーに指定の場所へ配達してくれます。ご自宅での食事やオフィスでのランチ、持ち寄りパーティーなど様々なシチュエーションに最適です。

 

簡単に言うと「対応エリアが限定的なAmazon楽天の出前バージョン=Uber Eats(ウーバーイーツ)」と思って頂ければOKです。

 

こんな方におすすめ


小さなお子様のいらっしゃるご家庭や1人暮らしの方など、男女問わず様々な世代に人気です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)初回割引クーポンコード

 

新規限定で、「1000円OFF」割引クーポンコードを配布しています。ぜひ、この機会に利用してみましょう。

 

 
memo

クーポンコード:

interjpq2206jc6f

Uber Eats(ウーバーイーツ)はなぜ人気?

ウーバーイーツ

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)では自社で宅配を行っていない飲食店もサービスの対象になっているのが魅力の一つです。

 

スマートフォンアプリをインストールするもしくはホームページにアクセスし、ボタンをタップするだけで、周辺にある人気レストランやお気に入りのファストフード店の料理がすぐに見つかります。

 

ハンバーガーや牛丼はもちろん、ヘルシーなサラダに少しリッチなお寿司やお肉料理、話題のタピオカドリンクも注文可能です。

 

日本は昔から食文化の発達している国です。そのような日本で新しい食事の楽しみ方ができないかということで考えらえれたのがUber Eats(ウーバーイーツ)です。

 

 【a】Uber Eats オーダープログラム

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の対応エリアは

全国対応地区一覧

現在、東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡など全国15都市以上にて展開中です。

 

ご自宅のみでなく、エリア内のお好きな場所でご注文・配達が可能ですが、エリア外では注文できません。

 

随時エリアは拡大中なので、非対応エリアにお住まいの方はもうしばらく待ちましょう。

 

東京・埼玉対応エリア

紫:既存の対応エリア, 赤:拡大エリア

 

東京都での配達対応エリア

立川市昭島市羽村市福生市東村山市武蔵村山市東大和市

埼玉県での配達対応エリア

川越市所沢市八潮市三郷市越谷市ふじみ野市富士見市

大阪対応エリア

紫:既存の対応エリア, 赤:拡大エリア

大阪府での配達対応エリア

堺市松原市藤井寺市高石市

 

名古屋対応エリア

名古屋での配達対応エリア

・天白・名東・港区・緑区・南区

福岡対応エリア

福岡での配達対応エリア

大野城市太宰府市春日市筑紫野市・東区・西区・糟屋郡・南区

新規拡大サービスエリア

Uber Eats対応エリア

お住いの地域がUber Eatsの対応エリアかは下記公式サイトで確認できます。

https://www.ubereats.com/jp/location

※随時エリア拡大中

 

配達は宅配業者ではなく「個人」が配達

f:id:redo5151:20200421212033p:plain

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用するうえで覚えておきたいのが「配達パートナーシステム」です。Uber Eats(ウーバーイーツ)では宅配業者ではない「個人」が注文された商品を配達する仕組みになっています。

 

配達パートナーは、注文があればすぐに動けるように待機している人も多く、一般ユーザーの配達パートナーを大量に確保することで、宅配を行っていない飲食店の料理も届けることができるシステムになっています。

 

また、配達時には狭い道にも対応できるようにスクーターでの配達を心がけたり自転車は提携しているシェアサイクルを利用しています。


できるだけ料理の品質を維持するために保冷保温機能のある自社のバッグを使っての配達をしており、サービス利用者の満足度を高めるための努力をしていることも人気の背景にはあります。

 

現在、Uber Eatsでは「配達パートナー」を募集中です。

Uber Eatsの「配達パートナー」はこんな方におすすめ

memo

・運動を兼ねて「副業」や「お小遣い稼ぎ」をしたい方。
・「空き時間」を有効活用して働きたい方

 

好きな時間に働いて報酬を得ることができ、 Uberなら仕事のペースを自身で決めることができます。朝だけ、夜だけ、土日のみなど、好きな時間に配達パートナーとして働くこともできます。

 

短時間でも OK。個人事業主なので、働く時間やスケジュールを決めるのは自分自身で行えます!

 

自転車、原付バイク、軽貨物車両で配達パートナーとして登録することができます。 配達中はあなた一人の時間。空き時間を有効に活用できます。

 

 

Uber Eats 配達パートナープログラム

気になる対応店舗は?

スターバックスコーヒー
・DEAN & DELUCA
上島珈琲店
大戸屋
松屋
すき家
吉野家
なか卯
・スシロー
かっぱ寿司
・ケンタッキー
・長崎ちゃんぽんリンガーハット
・ガスト
デニー
バーミヤン
・ジョナサン
フレッシュネスバーガー
ロッテリア
バーガーキング
マクドナルド
ウェンディーズファーストキッチン
SUBWAY
・クリスピークリームドーナツ
・銀だこ
ピザハット
ほっかほっか亭
・ほっともっと
牛角
コールド・ストーン・クリーマリー
サーティワン アイスクリーム

参考までに、代表的な有名店をずらーっと並べましたが他にも多数の店舗に対応しています。

 

有名なチェーン店はかなりの割合で登録しています。個人的に好きな「長崎ちゃんぽん」まで対応しているのは驚きました。他にも「スシロー」や「かっぱ寿司」などの寿司チェーン店も対応しているのは嬉しいですね。

 

もちろん「ファーストフード店」や「ファミレス」も多数登録しているので、お住いの地域が対応しているか、チェックしてみましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料は

配送手数料 50円~
サービス料 注文金額の10%
少額注文(700円未満)における手数料 150円

配送手数料は天候などに左右される。料金相場は約50円~500円程度

 

注文金額が700円未満の場合は150円の「少額注文における手数料」が発生するので、極力700円以上の注文にまとめるのがお得です。

 

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文の流れは?

【利用方法(注文時)】

・商品、飲食店をアプリやWeb上で検索
・注文する商品をカートに入れる
・商品を確認してお会計に進む
・注文を確定する

【利用方法(商品受取時)】

・配達パートナーが商品を宅配・商品を受け取る

「会員情報」を登録

f:id:redo5151:20200421191040p:plain

Uber Eats(ウーバーイーツ)のホームページで「氏名、電話番号、メールアドレス、配達先」の基本情報を入力しましょう。受け取り場所は自宅だけでなく会社や外も登録可能です。注文に応じて、随時好きな場所へ指定できます。また、位置情報からの検索も可能です。

 

「アプリ」や「ホームページ」からお好きな食事探しましょう

ウーバーイーツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)にアクセスしたらお住いのエリアを選択し、「ハンバーガー、韓国料理、ピザ、サンドイッチ、デザート、タピオカミルクティー」などお好きな商品を選びましょう。

お好きな商品を見つけたら選択

今回は住まいを「目黒区」に指定し、茶巷 cha shanの人気「タピオカ紅茶ミルクティー」を選択します。オプションで「オレオ・タピオカ・チーズフォーム」を追加することができます。デフォルトでは「タピオカ無し」となっています。

画面右上の「緑のカート(買い物バックアイコン)」を選択

f:id:redo5151:20200421201349p:plain

少し見えにくいですが、画面右上の赤枠で囲まれた「緑色のカート(バックアイコン)」を選択し、注文確認画面へ進みましょう。

注文内容を確認し、会計へ進む

ご注文内容が確認できます。注文商品に問題がなければ「お会計」画面へ進みましょう。

「受け取り場所・配達時間・お支払方法」を選択し、注文確定

f:id:redo5151:20200421202701p:plain


①受け取り場所・方法を選択しましょう

f:id:redo5151:20200421203642p:plain

・玄関先に置く(置き配)・外で受け取る

玄関先に置く(置き配)を指定すれば、配達を待つだけでOKです。仮に、お住いを知られたくない場合は部屋番号は教えずに到着直前に家の前で受け取ることも可能です。

 

「外で受け取る」を選択した場合

②配達時間を指定

f:id:redo5151:20200421204324p:plain

配達して欲しい日時を、「15分刻みで30分の範囲」で指定できます。ただし、レストランによっては日時指定ができませんので、ご注意ください。「AM8:00」からUber Eatsを利用できるのは一部エリア限定です。基本的には、AM9:00からサービスがスタートします。

 

【時間指定(予約)可能店舗例 】

すき家・ジョナサン・伝説のすた丼・吉野家大戸屋

【時間指定(予約)不可店舗例 】

マクドナルド・ケンタッキー・はなまるうどん

③支払い方法(クレジット)を決定したら、注文を確定する

「注文を確定」を選択します。今回は1例として、サインインせずに注文へ進んでいるので、ボタンが「グレー」になっています。

 

支払いはクレジットカードがメインの支払方法になりますが、現金払いも可能です。

 

しかし、直接配達パートナーとお金のやり取りをするとトラブルになるかもしれないので、極力カード払いをおすすめします。以上で注文は完了です。

 

配達状況の確認も可能

f:id:redo5151:20200421210019p:plain

注文後「進歩を確認する」を選ぶと、配達状況を見ることが可能です。自分の位置と配達パートナーの現在地が画面に表示されます。分かりにくい場所にお住まいの方は事前に「配達メモ」へ建物の特徴などを記載しておくとスムーズに受け取りが可能です。 

 

対抗馬として手数料無料の「menu」も話題

menu

飲食店(レストラン)に事前に注文が出来るアプリで「事前注文アプリ」になります。アプリで注文後は「飲食店に取りに行くだけ」というのがmenuの特徴です。

menuアプリでできること 
・周辺のmenu加盟店の検索
・飲食店のメニュー選択 
・トッピングやサイドメニューの選択
・商品支払いの決済
・料理の完了通知
・飲食店の場所表示

 

menuでは、飲食店からお好きなメニューの選択だけでなく、商品支払いの決済、料理の出来上がりの通知、飲食店のマップ表示などの機能がアプリひとつで可能になっています。 アプリで注文後は「飲食店に取りに行くだけ」です。

 menuの魅力

・配送手数料がかからない

・住所を知られなくて済む

・デリバリーより待たない

・評判も上々

テイクアウト(持ち帰り)になるため、2019年から軽減税率が適用されており、消費税は8%ですので、お店で食べるよりはお得になります。

 

menuのテイクアウト対応エリアは”東京のみ”です。

 

2020年3月時点で下記エリアのmenu加盟店で利用可能です。

 

デリバリー&テイクアウト「menu」iOS版

 

まとめ

f:id:redo5151:20200421210529p:plain

今は新型コロナウィルスの影響で「外出せずに家で済ませたい」と考えている方も大勢いるかと思います。外食はしたくないけど、「レストラン」の食べ物を楽しみたい方にもおすすめです。

 

更に、複雑な操作が必要ないのもUber Eatsの魅力で、「注文を受ける」「商品を用意する」「配達パートナーに商品を届けてもらう」という3ステップでOKです。

 

ぜひ、初回限定1000円割引クーポン【interjpq2206jc6f】を利用して、Uber Eats(ウーバーイーツ)を活用してみましょう。

 

 

他にも「新型コロナウィルス」の対策方法など旬な話題を紹介

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com

redo5151.hatenablog.com