redo山ブログ

redo山ブログ

お役立ち情報発信ブログです♪

【SEO対策 Google砲】ブログ歴1ヵ月|Google砲で1日1万アクセスも可能|話題性のあるテーマ選定が重要!

f:id:redo5151:20191016231703p:plain

こんにちは管理人のredoです。ブログを開設してから1ヵ月程度経ったのですが、先日ついにアクセス数が1日で1万を超えてしまいました。

実は、2記事連続で噂に聞いていた「Google砲」というものを経験したのです。突然アクセスが急激に伸び始めリアルタイムでGoogle Analyticsで「100前後」の人が記事を見ている状態が約1日続きました。

そこで、今回はなぜGoogle砲を撃ってもらえたのか簡単に考察してみようと思います。多少の偶然はあったにせよ、理由は必ずあると思います。

アクセス数の急激アップを狙うにはGoogle砲は間違いなく有効な手段だと断言します。そして何よりも達成感があり嬉しいです。本記事が「Google砲」を狙う皆さんに少しでも参考となれば嬉しいです。

Google砲とは

GoogleのCromeアプリに掲載されるオススメ記事のことです。短時間に急激にアクセス数が伸びるのが特徴です。今回、私は大変ありがたいことにGoogle砲を2日連続で2連発(2記事)打たれました。

Googleの影響力が凄いことを身をもって体感しました。それまでのアクセス数が100~200PVだったので、多く見積もって100倍近くになりましたからね。

なぜGoogle砲だと気づいたのか

f:id:redo5151:20191016232940p:plain

こちらがGoogle砲に気づいた時のスクリーンショットです。この時点ではまだアクセスは8500ですね。アクセス元サイトを確認すると「www.googleapis.com」というサイトから大量に人が流れてきていることが確認できます。

そうです、このサイトの正体が一般的にGoogle砲と呼ばれるCromeアプリでのオススメ記事の紹介ことです。つまり、"無料ブログ"でも皆にチャンスがあるという事が一つ証明されました。

実際にどの記事でGoogleCromeで紹介されたのか

f:id:redo5151:20191016233411p:plain

記事が掲載されたという事で、気持ちも舞い上がり"Google Crome”で確認してみました。すると上記の様にしっかり掲載されていました!!「PayPayフリマとメルカリ比較」に関する記事ですね。

この記事は第一弾~第三弾まで投稿し、そのうち「PayPayフリマ」の第一弾と第二弾の2記事がGoogle Cromeのアプリに掲載されました。実際に掲載された記事はこちらになります。

redo5151.hatenablog.comredo5151.hatenablog.com

 ブログを開始して約1ヵ月で一つ成果がでて、Googleからもそれなりに認められたんだと自信もつきました。でも、個人的にはまだまだだと思っています!

なぜ私の記事がGoogle Cromeで掲載されることになったのか考察

話題性のテーマ選定

今回「PayPayフリマ」の記事を書くにあたって、自分でも試しに話題性のあるテーマを選んだらアクセスは伸びるのか検証してみたかったという実験的な意味合いもありました。つまり自分が気になっているテーマの一つを選びました。

さらにこの「PayPayフリマ」はまだ10月にリリースしたばかりで日も浅いです。話題性があるテーマをタイムリーに要点をシンプルにまとめたのが良かったのではないかと推測します。

適度に写真も載せることで見る側がイメージしやすいように意識もして書きました。

競合他社との比較による付加価値

「PayPayフリマ」はフリマアプリです。フリマアプリといえば、最も有名で親しまれているユーザ数(ダウンロード数)4000万人を抱える「メルカリ」があります。ここで、純粋にメルカリと何が違うんだろう?と疑問を持ちました。

そこで、すぐに比較してみようと思い立ち、アプリをインストールし、記事にしてみたところ、見事Google砲を撃って頂けました。

たまたまみんなが思っていた疑問の一つをくみ取れていて、タイミングも良かった為に目に留まったのが功を奏したのかもしれません。

起承転結を意識した構成

私が記事を書く際に心掛けていることがあるのですが、まずは導入編として最初に問題提起をします。

例えば「PayPayフリマ」を例にすると「メルカリ」とそもそも何が違うの?などです。この疑問を投げかけた後に一つづつそれぞれの機能を簡単に比較し、考察をしました。

そして最後に箇条書きで要点まとめるというスタンスです。

アクセス1日で1万を達成した理由の考察

f:id:redo5151:20191016235325p:plain

記事の投稿回数を増やした

改めて当たり前すぎることを書きますが、結局はこれに尽きるのかなって思います。

今回、このような「バズる」経験を次いつできるかもわからなく、あまりに嬉しかったので、わざわざ1万アクセスを超える瞬間に何度も更新を押し、1万アクセスになった瞬間にスクリーンショットをとりました。

数千アクセスを狙うだけなら一発のGoogle砲で十分でした。しかし、このチャンスは逃さまいとこの日は立て続けに1日2記事を目標に記事を書きました。

もっと器用な方であれば3~5記事ぐらいかける人は多くいると思いますが、私には2記事が限界でした。

記事の内容をGoogle砲で掲載された記事に関連させた

「PayPayフリマ」に関しては実は第二弾をすぐに書く予定は全くありませんでした。しかし、第一弾の反響がかなりあったため、これはチャンスと思い第二弾を書きました。

ちなみに、第二弾を書いた段階ではまだGoogle砲の二発目に気づいていませんでした。第三弾目を書いた時は既に気づいており、意識して記事にしましたが、こちらは掲載にいたりませんでした。

正直無理やり捻りだして書いた様な内容であったことと、既に2記事も同じテーマであったため、目新しさが薄まっていたのかもしれません。

Google Search Console」で記事投稿直後に”URL検査”

 私がここ最近意識して心掛けていることがいくつかあります。そのうちの一つが記事を投稿したらすぐに「URL検査」でGoogleに記事を投稿したからインデックスしてねとお知らせをすることです。

この効果があるかどうかはおまじない的な要素もあるかもしれませんが、少しでも早くインデックスしてもらうためには重要な作業の一つと考えています。

以上、今回Google砲を2連発頂けた理由の考察になります。他にも色々な偶然が重なり、結果的に記事を紹介して頂けるに至ったのだとは思いますが、多少なりでも認められたことは自信に繋がります。

今後も”影響力絶大なGoogle”の目に留まるような役に立つ記事を少しでも多く書いていけたらと思います。

まとめ

    

B!