redoブログ

redoブログ

現役スピーカー設計者によるお役立ち情報発信ブログ

YOASOBI(ヨアソビ)の原作小説・プロフィール・経歴・新曲レンタル情報まとめ

YOASOBI プロフィール 小説

最近話題のYOASOBI(ヨアソビ)という歌手についてもっと知りたいという方へ向けて「原作小説・プロフィール・経歴・ぷらそにか・レンタル情報」をまとめました。

 

2019年12月15日に「夜に駆ける」でデビューし、SNSTiktokを起源として、10代、20代を中心に大きな支持を集めている今注目のアーティストの一人です。

 

今ではラジオ出演や映画やアニメの主題歌、CD発売も決定するなど目まぐるしく急成長しているアーティストです。

 

そんな、絶賛急成長中の耳が心地良いYOASOBIの音楽で、YOASOBI沼へ引きずりこみます!

 

 

本記事のターゲット

memo

・「YOASOBI(ヨアソビ)」の原作小説・プロフィール・経歴・新曲レンタル情報を知りたい
・作業用BGMを探している

 

YOASOBIの人気曲ランキングは以下で詳しく紹介しています。

redo5151.hatenablog.com

 

おすすめの「ワイヤレスイヤホン」は以下で紹介

redo5151.hatenablog.com

YOASOBI1stアルバム「THE BOOK」がついに発売決定! 

 

 

THE BOOK情報 

発売日:2021年1月6日(水)

収録曲:「夜に駆ける」~「群青」までの曲&新曲(未発表)

CD+特製バインダーの豪華仕様(完全生産盤1種のみリリース)

ついにYOASOBIの曲がCDアルバムになって発売されました!!

 

"初の1stデビューアルバム"ということで売り上げも絶好調のようです。

 

今までサブスクなどでしか聞けなかったので、サブスクに契約してない人にとっては嬉しいですね。

YOASOBI(ヨアソビ)を知らない方へ

YOASOBI-夜に駆ける

 

YOASOBIを知らない方はまずはこちらの曲を聴いてみましょう。

 

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルで、YOASOBIのikuraさんも「夜に駆ける」を一発撮りしています。

 

こちらの音源も1000万回再生を超えています。一発撮りでこのクオリティの高さは圧巻です。

 

動画を見て頂くと分かりますが、「伸びやかで艶やかな透明感のある」ikuraさんの歌声が素晴らしいです。

 

ikuraさんコメント

皆さま、「THE HOME TAKE」ご覧いただきありがとうございます!StayHomeの続く日々の中で、皆さんの夜を少しでも照らせていたら嬉しいです。また何度でも観に来てください。YOASOBI ボーカルikura

 

THE FIRST TAKEでは他にもアニメ「鬼滅の刃」の主題歌になっていたLiSAさんの紅蓮華、miletさんの「inside you」さらにはDISH(北村匠海)の猫など多くのアーティストが参加しています。

 

YOASOBI楽曲の原作小説をまとめた書籍「夜に駆ける YOASOBI小説集」も9月18日から発売しております。

 

 

【HMV限定版】夜に駆ける YOASOBI小説集「たぶん」ver

 

【TSUTAYA限定版】夜に駆ける YOASOBI小説集「あの夢をなぞって」ver 

YOASOBIのプロフィール・経歴

YOASOBI

YOASOBIのメンバーはシンガーソングライターのikura、ボカロPのAyaseの2人組バンドです。YOASOBIの曲は原作の小説から作詞・作曲を行うスタイルが特徴的です。

 

結成のきっかけは、物語を創り上げ投稿し競い合うコンテスト通称「物語コンテスト(モノコン)」で、2019年に大賞を受賞したストーリーを融合して歌詞を紡ぎ、音楽を映像化する企画が立ち上がったことから始まっています。

 

小説はそのまま歌詞に引用するのではなく、筆者の解釈と乖離が無い形でオリジナルアレンジを加えています。作者とも、都度確認をとっているようです。

YOASOBI 経歴
12' 作詞・作曲活動スタート
15' 本格的にシンガーソングライター活動を開始
17' 「ぷらそにか」へ加入
18' 1stアルバム「Rerise」リリース
19' YOASOBI結成
 

YOASOBIの原作小説

YOASOBIの楽曲情報
・2019年11月にYoutubeで発表された星野舞夜の小説「タナトスの誘惑」を原作としたデビュー曲「夜に駆ける」では約半年で再生回数が「2,000万回」を超える。

タナトスの誘惑 | 章詳細 - monogatary.com

・2020年1月18日にいしき蒼太「夢の雫と星の花」を原作とした2ndシングル「あの夢をなぞって」のMVを公開。

夢の雫と星の花 | 物語詳細 - monogatary.com


・2020年5月11日に橋爪駿輝「それでもハッピーエンド」を原作とした「ハルジオン」のMVを公開。

短編小説「それでも、ハッピーエンド」 - ZONe IMMERSIVE SONG PROJECT
 

・2020年7月20日にしなの著「たぶん」を原作とした「たぶん」のMVを公開。

たぶん | 物語詳細 - monogatary.com


・「世界の終わりと、さよならのうた」(水上下波 著)を原作とした未配信の新曲「アンコール」をGoogle Pixel 5,Pixel 4a(5G)のCMソングに起用

世界の終わりと、さよならのうた | 物語詳細 - monogatary.com

YOASOBIの?CDレンタルは?

YOASOBI サブスク

 

YOASOBIはめでたく1stアルバム「THE BOOK」が発売になり、レンタルも解禁されています。もちろんサブスクや動画も解禁しているので、ぜひ聞いてみましょう。

 

 

音楽サブスクならAmazon Music Unlimited がおすすめです。最近始まったサービスの一つですが、実は他のサブスク含め「最も曲数が多い」です。

 

聴きたい楽曲を広告無しで楽しめるほか、インターネット接続無しで聴けるオフライン再生にも対応しています。

 

月額1000円未満なので、CD1枚分にも満たない値段で多くのアーティストの新曲が聴き放題と考えるとかなりお得です。しかも、Amazonなら安心・安全で信頼できるサブスクリプションですよね。

 

もちろん、携帯電話と違って、途中解約による解約料も一切発生しません。自動解約設定も可能なので、普段から音楽をよく聴く方は試すなら今のタイミングがおすすめですよ。

Amazon Unlimited 通常プラン 
月額980円:6500万曲が聴き放題(一般)
月額780円:6500万曲が聴き放題(Amazon Prime会員)

 

 「YOASOBI」の曲も聞けるおすすめのサブスクは下記で徹底比較しています。

redo5151.hatenablog.com

 

現在配信限定シングルのみですが「Spotify」などの音楽サブスクサービスでは「1位」も獲得しています。

 

ikuraプロフィール

iruka

 iruka プロフィール
名前:ikura(幾田りら)
誕生日:2000年9月25日
担当:ボーカル
出身:東京都
特技:ギター、歌、トランペット、キーボード、バレエ
音楽以外の趣味:Youtubeでゲーム実況を見ること
所属:レーベル (After School)

ikuraさんは、持ち前の可愛いらしさと表現力や透明感ある伸びやかな歌声が人気を呼んでいます。

 

「ikura」の本名は「幾田りら」さんですが、由来は「いくたりら」をローマ字にして、省略して「ikura」となりました。

 

ikuraさんは両親の影響をうけ、幼いころから音楽に包まれる環境にいました。寝ている時間以外は色々な場所で歌っていたようです。その中で、自然と「歌手の夢」を追いかけるようになりました。

 

習い事も多様でピアノ、ボイトレ、クラシックバレエなどが挙げられます。

 

小学校6年生の頃から作詞作曲活動を始めました。そして、中学ではバンドを組み、ボーカルとして活躍しました。そして、高校入学前に本格的に音楽活動を開始しました。

 

ikuraさんはソロ活動と並行して「ぷらそにか」という音楽グループに加入しています。Youtubeを中心に楽曲のガバー動画を定期配信しながら、認知度・人気を高めてきました。

 

実はikuraさんは東京海上日動あんしん生命”CMでスキマスイッチ全力少年をカバーしています。気づかずして、多くの方が聴いているかもしれませんね。

 

irukaさんは僕と名前が被っているからなんだか親近感あるね

 

"iruka"じゃなくて"ikura"さんだよ。。

Ayaseプロフィール

Ayase YOASOBI

Ayase プロフィール
名前:Ayase
誕生日:4月4日(年齢は不明:20代)
担当:作詞作曲(ボカロP)
出身:東京都
好きな飲み物:お酒(ビール)、緑茶
好きな色:紫
音楽以外の趣味:Youtubeでゲーム実況を見ること
所属:レーベル (After School)

Ayaseさんは2018年にボカロPとしてデビューしています。「初音ミク」を用いて作曲された「先天性アサルトガール」は”250万再生”を達成しています。

 

 

また、Ayaseさんの趣味も基本は”音楽”が趣味ですが、お酒も大好きでビールをよく飲んでいるようです。また、ikuraさんと同様にYoutubeのゲーム実況をみることも好きなようです。

 

マスク姿だけに"甘いマスク"がカッコイイね

 

ギャグのつもりかな…

 

セッションユニット「ぷらそにか」とは

ぷらそにか

日本の音楽グループ及びそのYoutubeチャンネルの名前。個々に活動するシンガーソングライターたちによる、”アコースティックセッションユニット”です。

ぷらそにかとは 
・シンガーソングライターが集結したアコースティックセッションユニット
・アーティスト養成講座「the LESSON」受講生と、VAZ所属のクリエイター
Youtubeの公式チャンネルを運営し、主な活動は毎週金曜日にカバー曲を中心とした楽曲配信。登録者は12万人以上。動画配信は250本以上。

ぷらそにかーYouTube

 

YOASOBIの新曲「怪物」がアニメ「BEASTARS」OPテーマに決定

YOASOBIの新曲「怪物」が、2021年1月6日よりフジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24時55分~放送開始となるアニメ「BEASTARS」オープニングテーマソングに決定しました。


この楽曲は、原作者の板垣巴留による完全書き下ろし原作小説「自分の胸に自分の耳を押し当てて」をもとに制作されています。

 

BEASTARSの世界観を色濃く描きつつ、YOASOBIとしてもあらたな一面を魅せる楽曲となっています。

 

YOASOBI・Ayase コメント

BEASTARSというひとつの物語、その世界観、そして原作となるオリジナル小説に綴られたレゴシの葛藤、悶々とした気持ち、その中から導き出した彼の決意を、この「怪物」という楽曲に詰め込みました。大好きな作品のアニメ第二期、あらたな幕開けのタイミングでこうやって携わることができること、本当にうれしく思います。アニメと合わせて、この楽曲のことも愛していただければ幸いです。

 

YOASOBI・ikura コメント


BEASTARSのオープニングテーマを担当させていただくことになり、大変うれしい気持ちで一杯です! 板垣巴留先生の書き下ろしてくださったオリジナル小説を基に、主人公レゴシの熱い思いと動物世界の混沌とした空気感を、精一杯歌声に込めさせていただきました。YOASOBIとしてあらたな扉を開いた楽曲になっています。放送が楽しみです!

 

YOASOBIの新曲「アンコール」がGoogle Pixel新CMソングに

 

 

新曲 「アンコール」は小説投稿サイト「monogatary.com」にて開催された、小説を楽曲化するコンテスト「夜遊びコンテストvol.1」の大賞に選ばれた水上下波著「世界の終わりと、さよならのうた」を原作とした曲となっています。

 

新CMは2種類あり、小松菜奈さんが出演中です。

 

YOASOBI新曲「群青」もテレビCMに起用

YOASOBI-群青 

 

「群青」はアルフォートのテレビCMに起用されています。さらに歌詞は”ブルーピリオド”が原作になっています。下記で読めます。

 

ブルーピリオド - 山口つばさ / 【一筆目】絵を描く悦(よろこ)びに目覚めてみた | コミックDAYS

YOASOBI「たぶん」のMVも公開中

7/20から新曲「たぶん」の配信が開始となりました。

 

本作の原作は夜遊びコンテストvol.1大賞作品「たぶん」(しなの•著)、ティザー&MVは南條沙歩さんとなっています。

 

原作小説が切なく、一つの部屋から展開していくストーリーをイメージして楽曲を作曲しており、暗いというよりは落ち着いていた楽曲になっています。

 

原作小説はこちらから読めます。

たぶん | 物語詳細 - monogatary.com

 

音が鳴っていない「静寂の部分」にも注目です。

 

 

まとめ

最近話題のYOASOBI(ヨアソビ)という歌手についてもっと知りたいという方へ向けて「原作小説・プロフィール・経歴・ぷらそにか・レンタル情報」をまとめました。

 

瞬く間に、多くのファンを惹きつけ、Youtubeや動画配信サービスを中心に活躍しています。小説に主題歌としてメロディをのせるスタイルがハマり”YOSOBI沼”にはまる方が続出しています。

 

これからさらに活躍の場を広げていくこと間違いなしの激プッシュアーティストです。

 

2020年の邦楽おすすめ曲・歌手・バンドは下記でまとめています。

redo5151.hatenablog.com

 

現役スピーカ設計者が選ぶおすすめ「ワイヤレスイヤホン」を紹介 

redo5151.hatenablog.com

 

米津玄師の新アルバム「STRAY SHEEP」

redo5151.hatenablog.com